更年期障害っていつから始まるんだろう?40歳前でも油断は禁物!

40歳を迎えた女性においては、自分がいつ、更年期障害になるのだろう、という不安をお持ちの方がいるのではないでしょうか。

しかし、あまり、知られていませんが、男性も更年期障害になる可能性があるのです。

ここでは、男女毎に、更年期障害の原因に触れながら、いったい、いつから更年期障害が始まるのか見ていきましょう。


男性の更年期障害の原因

文頭でも触れましたが、男性も更年期障害になる可能性があります。更年期障害の症状には大きく個人差があって、しかも、認知度が低いために、自分が更年期障害であることを自覚せずに、見過ごしてしまうことも多いようです。

原因は、男性ホルモンの一種「テストステロン」の分泌量の減少によって、ホルモンバランスが乱れてしまうことにあります。男性ホルモンと呼ばれますが、女性でも分泌されます。

男性では主に睾丸等から分泌され、女性では卵巣等から男性の1割程度が分泌されます。

男性の更年期障害はいつから?

テストステロンの分泌量は、20代から減少し始めて、これが男性では更年期と呼ばれますが、女性ほどには急激に変化せず、緩やかに下降していきます。

そのため、更年期障害を起こしにくいのです。しかし、精神的ストレスなどで、テストステロンの分泌が大きく減り、血中濃度が急激に低くなると、更年期障害を発症します。

ですから、会社で重職に就いたり、夫婦関係が希薄になったりして、ストレスのたまりやすい、40代や50代の働きざかりの男性が、発症しやすいと言えます。

女性の更年期障害の原因

女性における更年期とは、閉経の前後5年の10年間と言われています。

更年期には、卵巣機能の低下により、卵巣から分泌される女性ホルモンの一種「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が激減します。すると、エストロゲンの分泌を司る、脳の「視床下部」と呼ばれる部分が、卵巣に「もっとエストロゲンを分泌しろ」と指令を出します。

ところで、視床下部は自律神経とも関係していて、つられて自律神経も活発になります。自律神経の働きは全身に及ぶので、身体各所に影響が出てしまうのです。

女性の更年期障害はいつから?

閉経の平均年齢はおよそ50歳です。更年期の定義に従えば、更年期障害が始まるのは、45歳からという事になります。しかし、更年期障害が閉経のちょうど5年前から始まるというのは考えにくいですし、なにより、元となる50歳というのはあくまで平均で、個人によってバラツキがあり、40歳で閉経になる人もいれば、55歳の人もいます。

自分の閉経年齢をその5年以上も前に正確に知りたいという欲求に、医学は答えてくれません(ただし、「抗ミュラー管ホルモン(AMH)」の血中濃度を調べて、値がかなりゼロに近ければ、閉経が近いと推し量れます)。

ですので、見出しの問いに対する答えは、以下の2種類に収束します。統計的には、平均でおよそ45歳、範囲は概ね、30代後半から50歳の間くらいと言えます。そして、更年期障害の症状が出はじめたら、それがその人の更年期障害の始まりであるという事です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ