更年期障害による不眠の原因と対策は?ポイントは女性ホルモンとストレス!

40代から50代の女性に多く見られる更年期障害は女性ホルモンが減少することで不安、イライラといった心の症状、倦怠感、発汗といった体の症状など様々な症状がみられますが、その内の1つが不眠です。

不眠は特に心身に与えるダメージが大きいので不眠の原因と出てくる症状、改善方法について紹介します。


更年期障害の不眠の原因

更年期に不眠になりやすいのは女性ホルモンと密接な関わりがあると言えます。更年期には女性ホルモンの分泌量が減少することでホルモンバランスの乱れが生じ、自律神経の失調症状による症状がいろいろ出てくるのが特徴です。そしてその症状の1つが不眠と言えます。

また更年期になる40代から50代の女性というのは家事、育児、仕事、親の介護といった風に非常い忙しく睡眠時間の確保が難しいといった背景もあります。

さらに女性ホルモンの影響の他に更年期障害によりいままで通りに動けないストレスなども不眠の大きな原因になっています。

不眠の場合どのような症状が表れるのか

睡眠不足も1日、2日くらいならさほど問題はないのですが、更年期障害が原因の寝不足は長期的に続くので慢性的な寝不足になってしまうケースが多いと言えます。

その結果、脳がきちんと休むことが出来ないので集中力、記憶力、思考力の低下という症状が出てきます。そして、しっかり眠ることが出来ないので、体もきちんと疲れが取れずに倦怠感を感じ、さらには日中に眠気が襲ってきます。

他にも免疫力の低下、ストレスを感じうつ病の発症率が高まります。さらに酷くなると吐き気、頭痛、眩暈などを感じるようになります。

不眠の改善方法

朝の光を浴びることで体内時計をリセットする。冷え性の女性は多く手足が冷たいとなかなか眠ることが出来ません。なので半身浴をして身体を温めるようにしましょう。

また、体が温まることでリラックス効果もあるので、就寝の1時間程前に入浴をするといいでしょう。そして、寝る前はパソコンや携帯を触らない、部屋の電気は少し暗めにしましょう。

お腹がいっぱいの状態では睡眠の質が低下するので夕食は21時までに食べるようにしましょう。また適度な疲れは睡眠を誘発するので日常的に体を動かすように心がけて下さい。

その他にもGABA、テアニンを摂取することをお勧めします。GABAは玄米、発酵食品に含まれテアニンはお茶などに含まれどちらもリラックス作用があり安眠効果を期待できます。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ