更年期障害はいつまで続くの?早く症状から解放されたい!

女性の月経が終わる50歳前後に、自律神経系の症状や、精神症状、内分泌、代謝系の障害など個人差はありますがさまざまな症状がでてきます。これを更年期障害といいます。

漢方医学では、体内の気、血、水の変化によっておこるのではないかといわれています。

それぞれの症状に合わせたからだのバランスをととのえる処方をしていきます。


気分が落ち込む

気分がうつうつして、のぼせ、動悸、息切れなどの症状がおきます。症状が激しい場合は、不安がひどくなって、一人で外出もできなくなります。多くは、貧血ぎみで冷え性で疲れやすく虚弱になっていきます。

腰が冷える、手足が冷たくて夏でも靴下が手放せない、腰痛などいろいろな症状が重なり合ってでてきます。

更年期障害の症状

少しのことにも悩んで、悲しんで泣いたり、精神的な動揺が激しいです。

なまあくびが頻繁にでたり、頭が重いといった症状もでます。よく眠れない、いらいらして怒りやすい、からだがほてって汗が止まらないといった症状もでます。

更年期障害を血の道症といいます

更年期障害を、血の道症とよぶことがあります。

血の道症はもっと広い範囲の病気のことをいいます。更年期障害はその1つで、月経に関係あります。年齢に関係なく症状があらわれます。

肩こり、めまいなどいろいろな症状が重なり、気分が落ち込んでいきます。

更年期障害をのりきる

患者の訴えは、非常に強いけど、その自覚症状に比べて婦人科的検査で病院の医師はそれほどのものではないという場合があります。

自覚症状がさまざまで、環境によっても左右される場合があります。更年期障害は、ホルモンのバランスによって自律神経が乱れたことが原因だといわれています。それに加えて、不安や精神的ストレスなどが加わって症状をさらに悪化させてしまうことがあります。

更年期障害には、ヨガとか、効果があります。ヨガは独特な呼吸法が自律神経の調整と強化に役立ちます。また、ヨガをおこなうことで、日常生活も正しい姿勢が身につくので、背中の中を通っている自律神経が正常にはたらくようになります。

漢方も更年期障害をやわらげてくれるものがあります。自分の症状に合った漢方を医師から処方してもらったほうがいいです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ