これがホットフラッシュ?汗がひどく出る更年期に見られる症状について

主に45歳から55歳くらいの女性に多い更年期障害は、その症状としてイライラやうつ状態、肩こりなどがあります。

中でも気温に関係なく汗が出やすいというのは多く見られる症状です。今回はそんな汗について書いてみました。


更年期障害の汗って普通の汗と何が違うの?

更年期障害による汗は、普通の汗とはどのように違うのでしょうか。普通誰もがかく汗は、夏の気温の高い時や運動後にかく汗です。

ところが、更年期障害による汗は、気温や状況関係なく突然噴き出してきます。突然顔や体がカーッと熱くなり、どっと汗が出てきます。この症状をホットフラッシュといいます。

主に上半身だけがほてったり、のぼせたりするので顔汗がひどく出ることが多いです。ホットフラッシュと気温の暑さや緊張などが一緒になってさらにひどく汗が出ることもあります。

どうして更年期に汗が出るの?

更年期になると卵巣の働きが弱るため、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少します。エストロゲンが減少すると自律神経が乱れます。

自律神経は、血管の収縮や拡張をコントロールしているのでその働きが乱れることにより状況関係なく汗が出てしまうのです。

ちなみに、ストレスによる汗も自律神経の乱れに関係していますが、ストレスによる汗は、自律神経のうち体を緊張状態にする交感神経が敏感になって出るという点で相違しています。

更年期による汗の対策~生活編~

更年期による汗は上半身に集中しやすいので、適度な運動をし、下半身を含め全身の汗腺から汗が出るように心がけてみます。運動をしないと使わない汗腺に汗が集中しやすくなります。

更年期障害による汗が人前でも出ることで、気持ち的にも憂鬱になりがちですが、運動をすることで気持ちが明るくなり、気分転換にもなるのでおすすめです。また、全身の血行をよくするという意味では運動の他に半身浴も効果があります。

生活の中でストレスをためることは自律神経の乱れに拍車をかけることになるので、自分の趣味に没頭するなどしてリラックス状態を作ることが大切です。

更年期による汗の対策~グッズ編~

突然噴き出す汗に焦ってしまい、余計に汗がひどく出るという悪循環もありがちです。そのために、制汗クールシートを準備しておくのがおすすめです。

特に、首の後ろには太い血管があるので、首の後ろを冷やすことによって汗がひきやすいです。

また、衣類は綿や麻、シルクなど天然素材を身に着け、風通しの良いようゆったり着ることです。少しでも体感温度が下がる工夫をするのが大切です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ