更年期障害に効果のあるサプリメントをご紹介します

更年期障害は閉経前後5年の10年間に起こると言われています。

この時期に女性ホルモンのエストロゲンが減少することにより、自律神経のバランスが崩れたり、脳内物質のセロトンニンが減少し、めまいや動悸、ゆううつ、疲れやすい、顔がほてるなどの症状が現れます。

最近では、ストレスや生活・食生活の乱れにより、30代前後でも更年期のような症状が現れることもあり、若年性更年期障害と言われていますが、これもエストロゲンの減少によるものです。


更年期障害の症状とサプリメント

更年期症状を和らげるには、エストロゲンの減少を補うような成分を摂取することが効果的です。以前から、クリニックでは、更年期障害の治療としてプラセンタ注射がなされています。また、婦人科では漢方薬や低用量ピルなどが処方されます。

しかし、クリニックや病院で治療するほどではない場合や、もっと手軽に毎日続ける手段としては、サプリメントがよいでしょう。プラセンタも現在ではサプリメントで摂ることができます。更年期に効果的な成分は多くあり、多くがサプリメントとして手に入ります。

プラセンタサプリメント

プラセンタとは、動物の胎盤から抽出したエキスのことを言います。クリニックで用いられる注射に使用されるのはヒトのプラセンタですが、サプリメントに用いられるものは豚や馬の胎盤より抽出したものです。

プラセンタには、体を構成するアミノ酸や体の機能を維持・調節するのに必要なビタミン類やミネラル類、遺伝子の修復に必要な核酸、生理活性ペプチドとよばれ細胞の増殖や新陳代謝に関わる成長因子など豊富な有用成分が含まれています。

これらの成分により、細胞の新陳代謝が促進され、疲れにくくなります。

また、プラセンタはエストロゲンの働きを整える作用があり、症状の改善効果が期待されます。また、プラセンタサプリメントを摂ることで、更年期障害だけでなく美容効果も期待できます。

大豆イソフラボンとエクオールサプリメント

大豆イソフラボンもエストロゲンに似た働きをする事が知られています。大豆イソフラボンには3つの種類がありますが、その中でもエストロゲンと似た機能が高いものはダイゼインというものです。

ダイゼイがさらに腸内細菌によって変化したものがエクオールです。エクオールはさらにエストロゲン作用が高いと言われています。

大豆イソフラボンは、大豆製品を摂取することにより補うことができますが、毎日の生活で摂りにくい場合はサプリメントで摂取するとよいでしょう。

また、エクオールは日本人女性の約半数が腸内細菌によって作り出すことができないと言われており、これは、サプリメントで摂取するしかありません

その他の更年期障害に効果のあるサプリメント

ザクロには女性ホルモンに似た作用があることが古くから知られています。実際には種子に含まれる成分ですが、これもサプリメントとして摂取することができます。

他にもブラックホコシュも女性ホルモン似た働きがあるとされています。

更年期症状に特有のイライラを改善するにはギャバが良いでしょう。不眠の改善にはハーブのバレリアンが効果があります。エストロゲンの減少によりセロトニンも減少してしまいますが、ゆううつな気分を改善するにはハーブのセントジョーンズワートが効果があります。

自分の症状に合わせて、サプリメントを選び、快適な更年期を過ごしたいものですね。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ