更年期障害の不眠の症状!そんな更年期障害を乗り切るには?

日本人の平均睡眠時間は6.5時間から7.5時間程度で、60歳を過ぎると6.5時間と言われています。これより少ないと睡眠不足の状態と言え、眠りにつくまで時間がかかったり、朝までに何度も目が覚めてしまったりなどの症状が続くと睡眠障害になります。


年齢を重ねるごとに少なくなる睡眠

更年期には、女性ホルモン、特に黄体ホルモンの分泌の低下によって『眠たくなる』ことが減ってくると言われています。付随してほてりやのぼせが起こったり、体調の変化で情緒が不安定になったりすることで、寝付きや熟睡がいっそう妨げられてしまうのです。

年齢を重ねると、必要とする睡眠時間が短くなるのに対し、以前と同じように眠ろうとすることで『前よりも眠れなくなった』とギャップを感じる方もいるようです。

そんな睡眠障害から更年期障害悪化に

更年期と言われる年代は、女性にとって心と身体が大きく変化する時期。ホルモンの変化に体がついていけなかったり、将来の不安・親の介護・子供の教育といくつものテーマがふりかかり負担が増えます。

家庭と仕事を抱えてる人は職場での責任も重くなる一方家事の負担にもなっていることから、肉体的精神的ストレスが高まる傾向になり、このような心と体をとりまく状況から更年期にはうつを発症しやすく眠れない不眠症の悩みを抱えている方も同時に増えるのです。

更年期の不眠におすすめのこと

更年期世代の女性は、自分よりも周囲のことを優先して、知らず知らずのうちに自分の感情を抑制しがち。封じ込めていた自身の気持ちを開放し、思い切って笑ったり泣いたりすることが日常の良いアクセントになるはずです。

思いきって体を動かしてみたり、アロマの香りでリラックスしたり、お洒落を楽しんで出掛けることも大切です。時には可愛い格好をして旦那さまとデートをして心ときめくきっかけを作ってみると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が促され、気分が高揚したり、よく眠れるようになると思います。

更年期の不眠はいつまでも続かない

更年期の不眠はいつまでも続きません。眠れない間は本当に辛いと思いますがそう長くは続きません。更年期不眠の悩みは、閉経に伴うホルモンのアンバランスが解消されれば自然と消えていきます。

この時期に大切なことは、その不安定な心身の状態は一時的なものだと言うこと忘れないことです。今は不安定な時期だからとご自身を受け止めてあげて、無理をせずにしなやかな心で向き合ってみてください。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ