ホットフラッシュにさよならを!効果的な4つの解消法!

更年期障害の代表的な症状の一つであるホットフラッシュ。主に首から上に出てくる「ほてり感、のぼせ」といった熱感から外気温に左右されない発汗など、生活に支障をきたす様な重篤な症状では無いものの、生活の中に不快感を落とす事に変わりありません。

ここではホットフラッシュについての解説と効果的な対策について紹介をしていきますので「これってホットフラッシュかも?」と不安を感じた場合は是非試してください。

何この暑さ!ホットフラッシュの特徴について

まず、ホットフラッシュについてもう一度確認をしましょう。更年期障害の1症状であるホットフラッシュの代表的な自覚症状は以下の通りです。

    <ホットフラッシュの代表的な症状>

  • 首から上のほてり
  • 首から上の多汗
  • 背中や脇、手の多汗

やはり一番自覚症状として多いのは「首から上の症状」です。これは日常的に「夏」や「感染症」などの環境要因が整わない限りは「熱い」と感じる事が少ない部位だからでしょう。

首から上の熱感は生活の中での不快感だけでなく日中の仕事では集中力の著しい低下を招き、夜は睡眠障害の原因ともなりえます。この「熱い」という感覚と「汗が止まらない」という症状がホットフラッシュです。

ホットフラッシュ対策の基本は冷やす

ホットフラッシュの基本的な対策としては「冷やす」が王道です。体内のホルモンバランスが変化する事によって起こる発熱ですので、根本的な解決策の前に強制的に冷やして温度を下げる事が効果的です。

そこで続く項目で具体的な方法について紹介をしていきます。

暑いなら冷やす!アイスノンで物理的に冷やす

一番即効性が期待でき、かつお手軽な冷却方法は「アイスノン」です。冷凍庫に幾つか入れておいて、ホットフラッシュの症状が出始めたらアイスノンで強制的に温度を下げましょう。身体が楽になるはずです。

アイスノンをそのまま皮膚に接触させると低温火傷を引き起こす可能性が出てくるので、必ずタオルで包むようにしてください。

首筋の大きな血管を冷やそう

アイスノンで冷やすべきポイントは「大きな血管」の部位です。人間の身体の熱は「血液」で運ばれていますので、血管を冷やすことで体温を効率よく冷やすことができます。

ホットフラッシュの場合は首の裏側がポイントです。

おでこを直接冷やすのも即効性があってよい

血管を狙って冷やすのは効果が出るまで少し時間が掛かります。そこで即効性を求める場合は「おでこ」に直接アイスノンを設置しましょう。すぐに冷感が頭に広がります。

身体の内側から対策!サプリメントによる方法

ホットフラッシュはホルモンバランスの変化で起こる症状ですので、原因ホルモンとされるエストロゲンに近い作用を持つ成分をサプリメントで補充をするという手段があります。

ここではホットフラッシュに効果的なサプリメントを紹介します。

エクオール

最近注目をされている成分です。大豆イソフラボンの一種であるダイゼインの代謝物がエクオールですが、このエクオールが尿中に少ない場合に更年期障害が重いというデータが発表されており、更には臨床試験でもその有用性が確認されています。

更年期障害に悩む女性の希望となる可能性が最も高い成分です。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンはエストロゲンと非常に近い構造をしており、体内での働きについてもエストロゲンに近い事がわかっています。

実際に大豆イソフラボンアグリコンの「ほてり」に対する有効性が食品メーカーによって実証もされており、有効な選択肢とされています。

サポニン

漢方の「高麗人参」「田七人参」などに含まれる有用成分です。東洋医学において「補気作用」が注目されている成分ですが自律神経のバランスを整えるという事からホットフラッシュに対する効果も期待されています。

身体を動かして対策!運動でホットフラッシュ対策

ホットフラッシュはホルモンバランスの変化、つまりは自律神経のバランスが崩れる事によって起こる症状です。ですので自律神経を整える運動は優れたホットフラッシュ対策として期待できます。

運動は自律神経の調整に優れた方法

自律神経のバランスが崩れる、となると多くの場合では「副交感神経を刺激する」という選択肢を取ると思いますが、そればかりではありません。

交感神経を適度に刺激する事によって「交感ー副交感」のバランスが調整される事は良くあります。そしてそれには「ジョギング」「ウォーキング」等の軽い運動が最適です。

ホルモンを直接補給!ホルモン補充療法

最も確実性のあるホットフラッシュ対策は「ホルモン補充療法」です。更年期障害のホットフラッシュは原因がエストロゲンの減少にあります。

そこで減少したエストロゲンを補充する事で症状を安定させる治療法です。

ホルモンバランスが最も安定する

ホルモン補充療法はエストロゲンそのものを直接補充するのでホルモンバランスの調整が確実にできます。

その為、ホットフラッシュ対策としては最も確実性がある方法と言えるでしょう。

自律神経を如何に整えるか!それが対処法の肝

以上、ホットフラッシュの対策について紹介をしてきました。更年期障害のホットフラッシュは自律神経のバランスの問題です。ですので「冷やす」といった対処療法を実践すると同時に如何に自律神経のバランスを整えていくかが大切なポイントとなります。

女性は男性に比べて感情の生き物ですので、日常の変化にストレスを感じやすいです。それは結局自律神経を交感神経優位にしてしまいます。ですので、如何に変化に惑わされずに自分の生活リズムを守っていけるか。

そこが更年期障害のホットフラッシュを克服する上で最も重要なポイントとなるでしょう。

以上、更年期障害におけるホットフラッシュ対策についてでした。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ