更年期障害は辛いのでしょうか?個人差もありますが大丈夫乗り越えられます 59歳 H.S.さん

更年期障害は女性が通らなくてはならない関門とも言えます。

ただ、人によってかなりその症状には差があるように思えます。

辛い更年期をどう乗り越えていったらいいか、何とか明るく過ごすことが出来る方法はないでしょうか。


更年期障害はいつごろからくるのでしょう

私は47歳で閉経しました。更年期障害は閉経の少し前から起きる事が多いと思います。

平均的な閉経年齢は50歳ですから、その頃から体調の変化があると思います。私の場合は急に顔が熱くなることから始まりました。なんでもないのに顔だけ火照って、額から汗が滲むという感じでした。

そのうちに顔だけではなくて、身体中が暑くて背中などに汗をかいてしまい、夏などは何度も着替えるようでした。冬も同じようになりましたけど、冬はそのままにしておくと風邪を引いてしまいそうで、夏より気持ち悪い感じでした。

更年期障害前

更年期障害前から生理が段々と不順になってきます。それまでピッタリきていたのが、長くなったり、短くなったりします。そして二か月に一度、三か月に一度、半年に一度と間隔が長くなり、ついにこなくなります。

量も生理期間も減ってきます。私の場合は不正出血があり、子宮がんかと驚いてしまい、急いで婦人科へ行った所、更年期にさしかかっているため、ホルモンのバランスが崩れていると言われました。

ピルのような薬で一度生理を止めるということをドクターから支持されました。生理不順になる3年位前の事でした。

更年期障害で辛かったこと

私の場合はそこまで辛いという経験はしなくて済みました。

急に汗が出る位で終わっていましました。でも私の伯母は更年期障害で10年苦しみました。子供を産んだ事がないことも原因らしいですが、外に出られないほど酷い状態でした。

だるさと大汗をかくのと、言いようのない不調状態だったと言っていました。言葉にできない状態だったらしいです。そのため私の結婚式にも出席できませんでした。また、近所の人は鬱になってしまって、数年見かけることがありませんでした。

本当に人によります。千差万別です。私の母も私と同じようにあまり更年期障害を感じないで終わりましたから幸せな事です。

更年期障害を乗り越えるために

前向きでいることが必要だと思います。

だるくても敢えて外に出て、環境を変えるということが大事だと思います。人と会いたくなかったら、公園を一人で散歩してもいいですし、買い物に出かけることもいいかもしれません。

気分転換をすることです。伯母のように家にばかりいたら、余計に悶々とした日々を過ごす事になりかねません。母も私も仕事をしていたので、それを気にしていられなかったということが軽く済んだ理由なのかなとも思います。

趣味があればそれに没頭するのもひとつの方法です。暗くなりがちな気持ちを明るくすることを心がけることではないでしょうか。面白いテレビを観て大笑いするのもいいことです。

そうしているうちに更年期は過ぎて、元気な自分を取り戻せます。更年期障害を乗り越えた女性は強く逞しいです。乗り越えて、そしてその先の素晴らしい人生を楽しみましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ