更年期障害の症状は40代でもなる?その症状はプレ更年期!

更年期障害の症状には40代でも発症するものがあるのでしょうか。ネットなどで調べてみると更年期とは平均すると50代となっています。しかし発症するのは個人差もあるようで中には40代で更年期障害となっている人もいるようです。

40代で更年期障害になるという事は、なぜ発症するのか、そしてどのような事なのかを確認してみました。

プレ更年期とは?40代で起きる更年期障害

更年期障害が起きる日本人の平均的な開始時期は50.5才となっています。

なぜこの時期なの?

更年期障害が起きるのが、なぜこの時期なのかというと更年期に起こる閉経を迎えるための身体の変化に伴う症状の為、この時期に更年期障害は起こるのです。

それより前に起こるのは?

それよりも前に40代で起きる更年期障害の事をプレ更年期と呼ぶ場合もあるのです。そして本格的な更年期障害に突入する前なので初期症状と見られる症状がでるケースが多いのです。

更年期とは?

更年期とはわかりやすく言うと更に年を重ねる時期で体内のホルモンバランスが変わり老人の体に向かう過渡期の事を指すのです。そしてその時期については明確な定義が無く40代後半から60代中頃までの総称を更年期と呼びます。

プレ更年期障害とは?ホルモンバランスの乱れ

プレ更年期に当たる40代になると女性は原因不明の不調が体のあちこちに出始めます。

40代で感じる初期症状とは?

40代で感じる更年期障害の初期症状とはどのようなものがあるのか確認していきましょう。更年期障害とはホルモンバランスの乱れから自律神経失調症の一種として次のような心身症状があるのです。

    <40代で感じる更年期の初期症状>

  • 倦怠感
  • やる気が出ない
  • イライラするようになり怒りやすくなる
  • 汗が出たら止まらなくなる
  • ホットフラッシュが起きる
  • 肩こりや首がこる
  • 便秘気味になる

自分で自覚できる?セルフチェックが有効

更年期障害が起きる理由は女性の身体の変化に伴うホルモンバランスの異常よって引き起こされます。よって初期症状は比較的強い症状として感じられる事が多いのです。

セルフチェックのポイントは?

更年期障害の初期症状に対するチェックポイントは以下のようなものがあります。一つでも当てはまるものがある場合は更年期障害の初期症状が出ている可能性があります。

    <セルフチェックポイント>

  • 夜寝る時に寝汗が多い、寝不足がちで朝が辛い
  • やる気が朝から出ない
  • 日中に活動中に強い動悸に襲われる
  • 上半身はほてりなどで暑いが下半身が冷え気味
  • 何をやっても怠慢気味
  • とにかく汗の量が増えた
  • 物忘れが多く感じる
  • 料理する事が面倒に感じる
  • 入浴時にふわふわした感じでめまいがある
  • 今までに比べイライラする

女性の更年期は閉経に迎えるにあたっての自然な老化現象なので時間の経過と共に症状が重くなる一方なのです。これらの初期症状を感じるようであれば軽いうちに適切な対策を取る事が大事なこととなります。

更年期後期に起こるのは?更に症状は悪化

更年期も中期から後期になってくるとホルモンバランスの乱れも一層進み症状が基本的には悪化していきます。特に初期段階で対策を取っていないと初期症状の悪化プラス中後期の症状が加わることになってしまいます。

更年期中期の症状とは?

更年期中期に現れる症状は、主にホットフラッシュのよる顔の火照り、多量の汗、イライラして怒りっぽくなるという事がメインで主に交感神経が優位になりすぎると出てくる症状が多くなります。

更年期後期になると?

更年期後期を迎えるとエストロゲンの減少が進み、そこからくる代謝異常の症状が多く現れるようになります。

    <更年期後期の主な症状>

  • 肥満が進む
  • 動脈硬化症となる
  • 血栓性疾患の脳梗塞や心筋梗塞
  • 高血圧症
  • 頻尿
  • 膣乾燥
  • 肌トラブル

更年期障害と思ったら?実は違う病気

更年期障害は、以前は老化現象の一つなのでそのままにしておけば治ると考えられていました。しかし実は重大な病気が隠されている時もあるのです。よって症状のよく似た病気も把握して出来る限り早めの対策をうつ必要があるのです。

更年期障害と間違いやすいのは?

更年期障害と似た症状の病気には高血圧、甲状腺機能障害、バセドウ病、心臓病や狭心症、メニエール病、くも膜下出血、脳腫瘍、子宮筋腫や子宮ガンなどが考えられます。

どれも思っているより重症度の高い病気なので不調を感じたら早めに対策を取る事が重要なのです。

まとめ

更年期障害は女性が閉経を迎え更に年を重ねていく為の老化現象の一つなので基本的には避けて通ることのできない現象です。症状の出る時期は閉経の時期を挟んで前後5年となっているのでほとんどの人は45才~55才の間に症状が見られます。

しかし、40代始めでも症状の出る人はいてプレ更年期と呼ばれるケースもあります。症状としてはホルモンバランスの乱れからくるので思っているより重い症状である場合が多く自覚症状もはっきりしているケースが多いのです。

そして、この時期に更年期障害が出た場合には早期に対策を打って置く事がその後の重症化を防ぐポイントにもなるので十分注意をするようにしてください。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ