めまいと冷え、のぼせが交互にやってきた更年期障害 女性 52歳 K.Y.さん

40代後半になるまでは元気だったのに、突然めまいや冷えに悩むようになりました。

これが更年期のためだということに気づくまでは、不安な思いでいっぱいでしたし、身体が思うようにならないことで仕事にも家事にも影響が出てきて困った時期がありました。


最初に来たのはめまいとだるさ

40代に入ってからパートの仕事が忙しく気持ちに余裕がなくなっていたのと、プライベートの悩みで睡眠不足が続き、自分でも疲れているかも?とは思っていたので、めまいがしたり、だるかったりしたときは、しかたがないのかなあ、とも思いました。

しんどくなると、家事もできず、よく横になったりしていました。でも、そこで寝てしまうとかえって夜熟睡できないという悪循環でした。

病院では特に脳に問題があるわけでもなく、貧血でもないので、病気の心配はない、といわれました。また、そこで閉経が近付いているので、更年期かもしれませんね、といわれて、そうかもしれないと思い始めました。

ビタミン剤とサプリメント

それで、ビタミン剤をのんだり、睡眠不足解消のために、様々な健康食品やサプリメントも試してみました。例えば、トマト酢を使ったドリンクがぐっすり眠るのに役立つ、というので試したり、質のいい睡眠に役立つというサプリメントも試してみました。

ビタミン剤は総合ビタミン剤で元気をつけるというものを飲みました。でも、結局一番効いたのは、セントジョーンズワートのサプリメント。

これを飲むことで、すっと眠りにつくことができ、睡眠不足を解消できると、だるさやめまいも軽くなった気がします。

冷えとのぼせ

だるさやめまいが治まった後、完全に閉経して、すぐにのぼせが始まりました。突然かーっと熱くなるのですが、これはそれほどつらくはありませんでした。

でも、これよりつらかったのは冷えのほうです。冷えが強くなると、のぼせも多くなります。足元や手先がいつも冷たく、靴下を重ねばきしても冷えてむくんだような感じになってしまいます。

それで、血行をよくするのが大事だと聞いたので、よく歩くようにし、夜寝る前には冷たいビールやお茶を飲むよりも、温かい生姜湯やホットミルクを飲むようにしています。

慣れることも大事

このまま更年期障害の症状がどのくらい続くのかな?と考えると気が重いのは確かですが、当分は付き合わなくてはいけないのだから、ゆっくり付き合っていこうと決めました。

特にしっかり歩くようにすることと、寝る前にゆったりと温かいものを飲む習慣をつけることで、よく寝られる様になったことは良かったと思います。よく寝て、くよくよしないのが更年期とつきあうコツなのかもしれません。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ