女性ホルモンが分泌される意外な場所とは?生活を見直して更年期を乗り切ろう

更年期障害は男性女性どちらにも起こりますが、今回は多くの人が悩まされる女性の更年期障害についてお話しします。

更年期障害は卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少するために起こる様々な精神的、身体的不調のことを言います。

具体的にはホットフラッシュと呼ばれるのぼせやほてり、多汗・頭痛・めまい・耳鳴り・肩凝り・不眠・口の渇きなどの症状が見られます。


更年期障害の時期はいつからいつまで?

更年期は閉経する前後10年間を指します。

女性の平均閉経年齢は50歳と言われていますので、45歳から55歳ぐらいがその時期となります。更年期障害の原因となるエストロゲンの減少は、35歳を過ぎると始まり、さらに45歳を過ぎると一気に進みます。

エストロゲンは女性らしい体つきを作り、妊娠の準備をする役割がありますが、その他にも自律神経を整えて気持ちを安定させたり、血流をよくして肌に潤いとハリを生み出したり働きもあります。

エストロゲン量が減少することにより、女性は様々な不快症状を感じるようになり、45歳を過ぎたあたりからそれを実感する人が多いようです。

卵巣だけでない!女性ホルモンを分泌しているもう一つの臓器

女性ホルモンにはエストロゲンの他にもう一つプロゲステロンがあります。

エストロゲンに対し、プロゲステロンは主に妊娠を助ける働きをしていますが、プロゲステロンはエストロゲンの前駆物質、つまり原料でもあるため、そういった意味でも非常に大切、ということになります。

女性ホルモンは主に卵巣から分泌されます。そのため閉経後は、分泌量がエストロゲンは40%、プロゲステロンに至っては0%にまで減少しますが、実はもう一つ、副腎という臓器での女性ホルモンは分泌されています。

ストレスが更年期障害の症状を重くする

副腎は、腎臓の上方についた小さな臓器ですが、ここからごく微量の女性ホルモンが分泌されています。副腎はストレスを打ち消すホルモンを分泌していますが、ストレス状態が続くと副腎が疲労し、女性ホルモンが作られにくくなります。

例え微量とはいえ、特に閉経後は貴重な女性ホルモンですので、更年期に差し掛かった女性にとっては非常に重要になってきます。更年期障害になるとその症状が大きなストレスになるのですが、そのストレスがまた貴重な女性ホルモンの分泌器官である副腎に負荷をかけ、女性ホルモンの分泌を阻害することになるのです。

更年期障害は生活を見直すチャンス!

更年期は、女性にとって家族関係が変化したり、仕事でも責任ある立場を任されたりと、取り巻く環境が大きく変化する時期でもありす。それまで若さで乗り切れたことでも、残念ですがだんだん無理がきかなくなってきます。

更年期障害の症状が現れたらライフスタイルなどを見直すいい機会と取られ、規則正しい生活や質の良い食事、睡眠、適度な運動などを取り入れて、ストレスを溜めこまないような生活を心がけましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ