更年期障害で起こる「めまい」の原因と治療法は?

更年期障害とは、女性特有の疾患で、閉経の少し前あたりから起こります。具体的には倦怠感、めまい、動悸などの身体的症状の他、イライラ、不眠などの精神的症状を引き起こします。

ここでは更年期障害のうち、めまいの症状が起こるメカニズムとその対処法について解説します。


更年期障害は女性ホルモン量の減少によって引き起こされる

更年期になると子宮や卵巣など女性器の働きが弱くなってきます。するとそこで産生、分泌される女性ホルモンの量も減少していきます。

この女性ホルモン量の減少によって、尿排泄が促進され全身を循環する血液の量が減少します。すると末梢組織で血液不足となって、さらに血圧が低下するため、めまい、倦怠感といった症状が現れます

一方、末梢組織への血液供給が減少してしまうため、血液供給を増やそうとして自律神経系のうち交感神経系が過剰に働くようになります。

交感神経系の神経伝達物質のノルアドレナリンの作用によって心臓の働きが活発になり、動悸が起こることがあります。またノルアドレナリンは精神的な影響も与え、イライラや不眠を引き起こすことがあります。

更年期障害でめまいはなぜ起こるのか

前述の通り、更年期障害で女性ホルモン量が減少すると末梢への血液供給が不十分な状態となります。末梢組織の中で平衡感覚を司る組織は耳です。

内耳の機能によって平衡感覚は保たれています。しかしこの内耳への血液供給量が減少してしまうと、内耳に存在する水分量に変化が見られます

内耳はそこに存在する水分で平衡感覚を司っているので、これに異常が起こると平衡感覚を保つことが困難となってしまうためめまいが起こることがあるのです。

更年期障害で起こるめまいの対策

更年期障害で起こる諸症状の原因となるのは女性ホルモンです。このことから女性ホルモンを補充する治療法が行われることがあります

まためまい自体を抑える対症療法が行われることもあります。この時、ベタヒスチンやアデノシン3リン酸などの内耳循環改善薬が使用されることが多いです。

また漢方薬の処方がされることがあります。漢方薬では更年期障害に効くとされている当帰芍薬散や加味逍遙散が使用されることが多いです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ