つらい症状いつまで続くの?更年期障害に個人差がある理由は?

40代の女性は、月経周期が乱れてきた、めまいや動悸がする、急に汗をかくようになったなどの不調があらわれると更年期障害を思い浮かべますね。更年期障害というとなんだか怖い病気のように感じられますが、すべての人が重い症状になるわけではありません。

それでも、更年期の不調はいつまで続くのか検討がつかず、不安になる人も多くいます。更年期に不快な症状が起きる仕組みを知り、自分に起きている体の変化を理解すれば更年期障害に対処する方法も見つかります。

更年期っていつからいつまで?みんな同じ?

更年期とは一般的に閉経をはさんだ約10年間ほどの期間をさします。閉経には個人差があり早い人で40代前半、遅い人で50代前半ですが、日本人の平均閉経年齢は50歳です。

閉経とは卵巣の働きが完全に停止することです。一般的に生理が1年以上こない場合に閉経したと考えます。体質や既往症、ストレスなどの要因によって40代前半で閉経することを早発閉経、60歳近くまである人を遅発閉経といいます。

卵巣は初潮、妊娠、出産、閉経といった女性の体の変化に深く関わっています。卵巣機能の低下は早い人で30代後半、遅い人でも40代前半から始まります。卵巣で作られる女性ホルモンが減少することによって更年期障害というさまざまな不調があらわれてきます。

閉経の年齢に個人差があるように、更年期障害がいつからいつまでといった期間も人それぞれです。早発閉経の人は早い年齢から症状が出たり、遅発閉経で60歳過ぎても更年期障害に悩まされる人もいます。

更年期障害の原因はこの2つ!女性ホルモンの秘密

少し前まで更年期に起きる不調は原因が特定されない自覚症状として不定愁訴とひとくくりにされてきました。閉経を迎える時期と重なるため女性としての自信も失いがちで、一人で抱え込んでしまうことも多かったのです。

しかし現在は更年期に起こるさまざまな症状は女性ホルモンの減少によって引き起こされることが解明されています。それによっていつまで続くか検討もつかずに不安になることもなくなったのです。

ホルモンバランスによる自律神経の乱れ

女性ホルモンであるエストロゲンは卵巣で作られます。その司令塔となっているのがホルモンを司る脳の視床下部というところです。エストロゲンが足りなくなると瞬時に察知して卵巣に指示を出しますが、卵巣機能が低下すると十分な量を分泌することができなくなります。

何度指令を出しても血中のエストロゲン量は不足しているので視床下部は混乱してしまいます。そしてその混乱が同じところに中枢を持つ自律神経に影響を与えてしまうのです。

更年期特有のストレス

ストレスも更年期障害を引き起こす大きな原因です。自律神経のバランスが乱れている更年期にはストレスはそれまで以上に大きな負担となり、更年期障害を悪化させることもあります。

ストレスに弱くなっている上に、40代50代は人生においてもっともストレスが多い年代ともいえます。子供の進学や独立など家庭生活でも大きな変化や仕事の重圧がかかる時期です。最近は高齢出産も多く、子育て真っ最中の人もいます。

また、更年期障害そのものがストレスになることも少なくありません。いつまで続くかと不安感が大きくなり過ぎると症状を悪化させてしまいます。

どんな症状が多いの?代表的な更年期障害

更年期障害であらわれる症状は自律神経失調症状と精神症状、その他の症状に分けられます。更年期の症状は多種多様で、体のあらゆる部位に生じ、それがいくつも重なったり、日によって変わったりすることも特徴です。その中でも多くの人が訴える症状を紹介します。

ほてり、のぼせ、多汗

いわゆるホットフラッシュといわれる症状です。自律神経の乱れによるもので自分の意思とは関係なく突然カッと熱くなったり大量の汗が流れたりします。更年期障害としてもっともポピュラーで多くの女性が経験しています。

イライラや落ち込みなどの心の症状

自律神経失調症状と精神症状が絡み合って、訳もなくイライラしたり気分が落ち込んで何もする気が起きないなどの精神的な症状です。閉経女性の半数近くの人が経験しています。不眠を伴うことが多く、更年期障害を悪化させる要因にもなります。

肩こり、関節痛、腰痛など

更年期障害のその他の症状に分類される中で、肩こりなど運動器官症状を訴える女性が増えています。がんこな肩こりに悩まされたり、それまでこったことがない人も肩こりが出てくるようになります。

口が渇く!?意外な更年期障害の症状

ホットフラッシュやめまい、動悸などは更年期の症状としてよく知られています。しかし中にはすぐに更年期の症状とは思わないものもあります。更年期の女性の体はホルモンバランスの乱れによってさまざなな不調があらわれます。

    <意外な更年期障害>

  • 胃の不快感、食欲不振
  • トイレが近くなる
  • 皮膚のかゆみ、湿疹
  • 目・鼻・口の渇き
  • 判断力、集中力、記憶力の低下
  • パニック感
  • 喪失感、寂寥感

その他吐き気がしたり腹痛、下痢など体のどの部位にあらわれてもおかしくないほどです。そのため、内科や皮膚科、脳神経科など次々と受診しても改善されず、病院めぐりを繰り返してしまうこともあります。

閉経の時期には個人差があり、いつから更年期とはっきりしたことは言えないのですが、40代になってから体の不調を感じたら、まず更年期障害を疑って婦人科を受診することをおすすめします。

どうして個人差が?更年期障害が起きる原因

更年期は閉経前後の5年間をいいますが、10年間ずっと症状が出るわけではありません。初潮と同様閉経も個人差があり、何歳になったから更年期とはいえないのです。

更年期障害が軽くすむ人と重い症状に悩まされる人、長く続く人がいます。これも月経困難症のようにその人の体質などに大きく左右されます。また、その他の原因が重なって症状の出方や程度が変わってきます。

体質によって変わる更年期障害の程度

更年期障害の直接の原因は卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少です。卵巣機能の低下の度合いやホルモン分泌の低下の度合いは人によって異なります。また、ホルモンの乱れに敏感に反応する体質の人も症状が出やすくなります。

ストレスに対する抵抗力の違い

もともと心配性な人はわずかな体の不調も気になります。ふだんからくよくよしがちな人はこの時期はそれまで以上にストレスを感じやすくなります。

また、真面目でがんばり屋も思うように動けない自分を責めてしまいがちです。責任感が強く几帳面な人も更年期にはストレスを溜めてしまうので注意が必要です。

更年期に起きやすい環境要因

更年期世代は夫婦関係や子どもの独立など生活環境が大きく変わることも多い時期です。自分達の老後のことも考え始める人もいるでしょう。さらに親の介護など一人では解決できない問題が起こってきます。更年期特有のストレスは症状を引き起こしたり悪化させる要因となります。

いつまで続く?更年期障害を長引かせないコツ

更年期障害で本当につらいのは体にあらわれる症状ではなくて心の症状かもしれません。何もする気が起きない、うつうつとした気分になる、イライラが抑えられないといった自律神経の乱れによって起こる症状に加えて、いつまでつらい症状が続くのかといった不安が拍車をかけます。

更年期がいつまで続くのか、はっきりとした答えはありません。しかし、不調を軽減しながら上手に更年期を過ごすことが、更年期障害を長引かせないコツといえます。

    <更年期症状を軽減する方法>

  • ホルモン補充療法
  • 漢方薬
  • バランスの良い食生活
  • 質の良い睡眠

その他サプリメントの活用やアロマ、ハーブなど、自分にあった方法を見つけて更年期のつらい症状を和らげましょう。

まとめ

更年期障害に悩んでいる人は「このつらい症状はいつまで続くのだろう」と不安になります。しかし、そのつらさは一生続くものではありません。いつかは更年期にも終わりが来ます。

更年期障害といわれる強い症状が出る期間は平均2~3年、長くても5年といわれます。不調の起こる原因は女性ホルモンの減少によるもので、これは女性にとってごく自然なことです。そこに体質やストレス、感受性の違いが加わって、症状の程度や期間に個人差が生まれます。

いつまで続くのだろうと不安を抱えていることで症状が悪化してしまうこともあります。自分の体の変化をきちんと受け止めて、上手に更年期対策をしていくことがつらい症状を長引かせないコツといえます。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ