閉経後も楽しく暮らしたい!更年期のことを知れば安心!

閉経とは生理が終ること、2度と来なくなることです。閉経の前後の5年間、合計10年間のことを更年期といいます。女性なら誰でも経験しなければならないことです。閉経の平均年齢は約50歳といわれています。閉経前は女性ホルモンが減少し、閉経後は完全になくなります。

心配して落ち込んでいるより、前向きにとらえた方が更年期障害の症状が軽くなります。閉経後の身体の変化について解説します。

更年期の症状はどんなもの?更年期障害とは?

閉経前から起きる更年期の症状は、ひどくなると更年期障害になり治療も必要になります。

症状はどんなものがある?

更年期の症状はいろいろです。肩こり、頭痛、腰痛、めまい、不眠、のぼせ、発汗、皮膚疾患、気分が落ち込む、怒りっぽくなる、倦怠感、動機、などです。

なぜ個人差があるの?

更年期の症状は、重い人と軽い人がいます。なぜでしょうか?更年期の症状に影響を与えるストレスなどの精神来的なものや、家庭や職場などの環境に個人差があるからです。

閉経後の身体の変化は?病気にも注意!

閉経前から更年期障害の症状がある人でも、閉経するとその症状が終るのではなく、むしろ悪化する人もいます。減少していた女性ホルモンは、閉経後は分泌がなくなります。

特に卵巣から放出されるエストロゲンの欠乏により身体にさまざまな影響が起こります。脳が混乱するので自律神経も乱れます。

閉経が近くなるとわかる?

個人差がありますが、閉経が近くなるといろんな兆候があらわれます。出血量が極端に少なくなる、2~3か月生理が来ないと思ったら、月に2回も来たりする、などです。そして1年ほど経つと閉経となります。

中にはある日突然終わるという人もいます。出血量が多く、普段の生活に支障をきたすような場合は過多月経です。

    <閉経後に起こる身体の変化>

  • 尿道炎・尿漏れ・老人性膣炎・性交痛、などが起こりやすくなります。
  • 肌の乾燥やたるみ・粘膜系の病気・乳房の委縮などの症状が出やすくなります。
  • 骨を維持するカルシウムの量を調節する働きが減退するので骨粗鬆症の原因になります。
  • コレステロールが増えるのを抑える機能が低下するので、心筋梗塞や動脈硬化、脳の機能の低下が起こりやすくなります。

閉経後の身体の不調を防ぐには?

体調を改善するために自分でできることがあればためしてみましょう。閉経後の体調の改善方法をいくつか紹介します。

女性ホルモンを補充!

閉経後の女性ホルモンの減少が原因なので、女性ホルモン(エストロゲン)を補充する治療を受けることで体の不調を改善できます。

注射や飲み薬・貼り薬などの治療方があります。また、漢方薬で症状を緩和する方法もあります。

生活習慣を見直す

食生活を見直すことも、閉経後の身体の不調や更年期障害のさまざまの症状を改善するのにとても重要です。自分の症状に合った健康的な食事を規則正しく摂ることが大事です。

運動不足の解消をする

運動不足も更年期障害の症状や閉経後の体調不良の原因になります。ウォーキングやヨガなど、無理のない軽い運動を続けるようにしましょう。

また、ストレスも症状を悪化させる元です。ストレス軽減の意味でも軽い運動で気分をスッキリさせるのは効果的です。

閉経後の性生活は?パートナーの協力も!

閉経後は性交痛が起こりやすくなります。性交をするのを止めた方がいいのでは?と考えてしま人も多いです。でも止めてしまうとさらに膣が堅くなって萎縮してしまいます。

パートナーに相談しよう!

性交痛があるということをパートナーによく理解してもらうことがとても大事です。自分の状態を相談して一緒に考えてもらいましょう。潤滑ゼリー使用などを使用する方法もあります。

婦人科で女性ホルモンを処方してもらうか、膣に入れる座薬などもあります。

避妊を止めたら妊娠!?

閉経したと思って避妊をするのを止めてしまったら、妊娠してしまうという事が時々起ります。これは、生理が来なくなって1年ぐらい過ぎてから思い出したように突然生理が来る事があるせいです。注意してください。

閉経後は前向きに生きよう!第二の人生!

閉経後でも明るく楽しく生活する人と体調を崩して辛い生活をしている人との差はどこから来るのでしょうか?

前向きな人は体調も良い!

閉経後に、ああもう女じゃなくなっちゃった!とがっかりする人よりも面倒なものが来なくなって良かった!と前向きにとらえ、積極的に活動する人は閉経後も体調を悪くすることがないです。
生理がないといつでも旅行に行けるし、気楽でいいわ!などと考えられるような人です。

閉経後は太りやすいの?

閉経後は太りやすくなります。閉経肥満です。女性ホルモンのエストロゲンの欠乏が原因です。加齢と共に太りやすく痩せにくい身体になってきているのですが、閉経後は拍車がかかります。それまで以上に自己管理に気を配りましょう。

更年期について知ろう!知識があれば恐くない!

更年期とは?更年期の症状にはどんなものがあるの?個人差はあるの?いくつからが更年期なの?などについて解説しました。そして、更年期と密接な関係にある閉経についても、閉経の兆候や閉経後に身体に起きる変化とその原因、対処法などを紹介しました。

更年期と閉経後の症状を軽くするには、加齢や閉経に対して前向きに考えて、対処法などに対する知識を深め、体調や生活習慣を改善する努力をすることが必要です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ