更年期障害の症状ってどんな?どうやったら乗り切れる? 女性 43歳 Y.A.さん

みなさんは、自分がもしかして、更年期障害ではないか?と思ったことはありませんか?

若い頃は、更年期障害ってなに?そんなの、まだまだ~と思ったいたと思います。

実際に、私もそうでした。しかし、年齢を重ねるにつれて、え?まさか?これって、もしかして…?という疑問が湧いてきます。そう、それが、更年期障害なのです。

更年期障害ってなに?そのメカニズムについて

更年期障害とは、女性が閉経を迎える、50歳から55歳をはさんだ、45歳から55歳くらいまでの、10年間のことを指します。

では、なぜ、更年期障害が起こるか、というと、閉経にともない、卵巣の働きが衰えて、女性ホルモンの代表的な「エストロゲン」の分泌が急激に減ることにより、おこります。

要は、加齢によるからだのなかのしくみが変わっていくことによっておこるのです。

女性ホルモンエストロゲンが減ると?どうなる?

では、女性ホルモンの代表的な「エストロゲン」が、からだのなかで減っていくと、どのようなからだの変化がおとずれるのでしょうか?

いままで、「エストロゲン」により、からだののなかで調整されていた、いろいろな機能が、うまく働くことができなくなります。エストロゲンが低下すると、脳から卵巣に信号がいきます。

それは、「もっと、女性ホルモンを作って、出してください」という信号です。しかし、その信号がまわりの脳にいらない興奮を起こさせます。これによる、自律神経の調節がうまくいかなくなるのです。

更年期障害の症状とは?

では、ここで更年期障害になると、どんな症状がでてくるのか?ということについて、お話ししたいと思います。まず、肩こり、頭痛などの直接的におこるからだの不調や、のぼせ、ほてり、多汗などの、からだの表面的に出てくる不調、また、からだが疲れやすい。

また、イライラ、うつ状態などがあります。また、めまいなどの症状などもあります。これらは、ひとそれぞれ、症状が違って、どの症状が出るかは、わからないのです。そして、その症状によって、対処法もまた、すべて違います。

更年期障害、どうやったら、乗り切れる?

では、どうやったら、更年期障害の症状をやわらげたり、乗り切っていけるのでしょうか?まず、からだに出てくる症状については、とにかく、疲れたときは休んで、無理をしないことです。

また、心のなかの症状については、なにか、ストレスを解消できるような、趣味のようなことを見つけることです。生き甲斐のようなものをみつければ、きっと心は晴れていきます!

一番困る症状は、のぼせやほてりや多汗ですね。これは、とめることはできないので、室内にいる場合は、外に出て風にあたるなどしかないですね。

最後に、これらの症状は、ほとんどの場合はある程度の年齢を過ぎたら、収まってきます。あまり、気にやまず、誰でもがあることと思って過ごしましょうね。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ