更年期障害はいつまで続くの?終わりはフェードアウト

更年期障害は女性が年齢を重ねると必ずと言っていいほど全ての人にやってきます。そして更年期障害になると誰もが思うのが、この辛い症状はいつまで続くのか、いつになったら終わるのかという事なのです。

更年期障害はイライラしたり、ホットフラッシュが出たりで日常生活にも支障がでるのでいつまでも続かないで早く終わって欲しいものです。気になる更年期障害はいつまでなのかと言う事について調べてみました。

更年期障害はいつから?閉経前後です

更年期障害とは、そもそもいつから始まるのでしょうか?まずは始まりから見ていきましょう。

更年期障害の始まりは?

更年期障害の始まりは、基本的には女性の閉経の時期に始まります。ただしその時期には個人差があって早く始まる人もいれば遅く始まる人もいるのです。

一般的には何歳くらい?

更年期障害の始まる一般的な年齢は45歳から55歳位なのです。それでも必ず幅が広いので周りに同年代の女性がいたとしたら自分と比べてとても早く感じたり、遅く感じるかもしれません。

最近では20代でも?

更年期障害の始まりは一般的にはある程度年齢を重ねてからなるのですが、最近では20代や30代でも更年期障害の始まる人が増えてきているのです。

若い時に始まる原因は?

更年期障害が若い頃から始まってしまう原因は、昨今の生活スタイルに影響を受けている事が多く、過度なダイエットによって体への負担がかかったり、機能そのものにも影響があったり、更には女性の社会進出により今までには無い過度のストレスにさらされている事も原因となっています。

更年期障害はいつまで?約10年です

更年期障害の始まりは個人差があるのですが、終わりについてはどうなのでしょうか?実は終わりについても始まった年齢や症状の大きさなどによってもその期間には個人差があるのです。

期間はどのくらい?

更年期障害になっている期間についてもかなり個人差があるようです。一般的には閉経の時期を挟んで前後5年でおよそ10年位治るまでかかるのです。よって平均して更年期障害の年齢が45歳から55歳位と言われているのです。

年齢としての終わりは?

更年期障害の症状が閉経の前後ということから考えると遅くとも60歳の年齢を迎える頃には殆どの人が更年期障害の症状が落ち着きつつあるのです。

更年期障害を早く終わらせる事は出来る?残念ながら出来ません

更年期障害とは女性が閉経を迎えホルモンバランスが変化する過程における症状で今まで出ていたホルモン分泌が出ない事に体が慣れていく期間でもあるのです。

早く終わらせる方法は?

更年期障害とはホルモン減少に慣れる為の体の変化の為、厳密には早く終わらせる方法は無いというのが答えです。この期間は早い人だと1年位、長い人で10年位と非常に個人差が大きく長い人にはきついかもしれません。しかし早く終わらせる事は出来ないのでうまく乗り切る方法を知っておく事が必要なのです。

更年期障害を上手く乗り切るのは?ポイントがあります

更年期障害は女性の加齢における体の変化の為、いつまで続くのだろうと考えたり、悩んだりしても残念ながら答えは出ないのです。更年期障害は誰もが経験するものなので周りの人にも理解してもらいながら上手く乗り切る方法をとる事が大事なのです。

乗り切る為のポイントは?

更年期障害を上手く乗り切る為のポイントは、次の通りです。

    <更年期障害を乗り切る為のポイント>

  • 定期的に適度な運動を行う
  • バランスの良い食生活を心がける
  • ストレスを上手く発散する

定期な運動でお勧めは?

更年期障害を乗り切る為にお勧めの運動は、有酸素運動であるウォーキングがお勧めです。ウォーキングを続ける事でイギリスのリバプールジョンムアーズ大学の研究結果などからもホットフラッシュの症状改善が図られたとの報告もありますので効果は高いはずです。

食事で気をつける事?

更年期障害を乗り切る為に食事で気をつける事は、ビタミン、タンパク質、亜鉛、大豆イソフラボンを意識して摂取する事です。特に大豆イソフラボンは更年期で分泌しなくなったエストロゲンと似たような働きをしてくれるので積極的に食べる事がお勧めです。

ストレス発散は

ストレス発散方法はやはり自分の時間をしっかり持つという事と自分磨きに時間をかけリラックス出来る時間を作るように工夫する事が大事な事なのです。簡単な事としてはゆっくり湯船につかるという事でも十分効果があるので試すようにして下さい。

終わりのサインはあるの?明確にはありません

更年期障害はその辛い症状との長い戦いなのですが、終わりのサインはあるのでしょうか?ずっと同じ症状で10年間では辛すぎると感じます。

症状の出方は?

更年期障害の症状の出方はずっと10年間同じ症状が続くという事は無く、殆どの人が最初の2~3年が重く強く症状が出てその後は少なくなって5年位を目安に収まってしまうのです。よって実は終わりのサインというものは存在せずフェードアウトすると言った方があっているのです。

まとめ

更年期障害は辛く早く終わって欲しい病気の一つなのですが、その始まりも不明瞭ならばいつまで続くのかもよく分からず終わりの分からない病気なのです。一般的には閉経の前後を更年期と言い、その時期の前後5年でおおよそ10年間症状が続くのです。ただしその期間は個人差があり早い人だと1年位、長い人で10年位、それも症状が重いのは最初の期間に偏っているのです。

更年期障害は病気というよりは女性のホルモンバランスの変化に体が慣れる為の助走期間とも言えるので早く終わらせるという事は出来ず、上手く乗り切る為の工夫をする事が大事です。その方法としては適度な運動習慣、必要な栄養素をしっかり摂取する食生活、そしてストレスを上手く発散する事が大事なので意識して行い上手く乗り切って下さい。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ