50代からとは限らない!更年期障害はいつから始まる?

更年期障害とはその「更年期」と呼ばれる閉経を迎える前後10年を前提にした疾患名です。ですが、現在はそれと非常に似通った症状が30代の女性、20代の女性、更には一部の10代の女性にもみられるようになっており、更年期障害という言葉が生まれた時代とは様相が変わってきています。

ここでは更年期障害と呼ばれる症状を年代別に分類して、いつ頃から起こりやすい症状なのか、どの様な症状が特徴なのかを紹介していきます。

特に10代、20代、30代の若年性更年期障害は生理前症候群(PMS)と症状が非常に似ており、見分ける事が難しいので要注意です。

今や10代からも?更年期障害は幅広世代に起こる!

今までの更年期障害は「更年期」に起こる不定愁訴全般を指す診断名でした。ですが、今はその症状を発症する年代がどんどん若年化しており、ついには「若年性更年期障害」という言葉までが生まれています。

更には30代が中心、稀に20代後半の患者が出る程度だった若年性更年期障害に10代後半で同様の症状に悩み、医療機関に相談する人が増えています。

そこで、ここでは各年代の更年期障害について改めて紹介をしていきます。

閉経前後に発症!それが50代の更年期障害

まず50代の更年期障害ですが、これは「更年期」と呼ばれる閉経前後10年間のタイミングで起こるものです。

この50代から始まる更年期障害が一般的に言われてきた「更年期障害」そのものです。閉経に伴う卵巣機能の低下によって女性ホルモンのエストロゲンが減少し、体内のホルモンバランスに変化が出ます。

その結果、自律神経のバランスが崩れ様々な不定愁訴が起こるというものです。

50代の更年期障害の症状

50代で起こる一般的な更年期障害の症状については以下の通りです。

    <50代更年期障害の主な症状>

  • 憂鬱
  • 肩こり
  • 食欲不振
  • ホットフラッシュ
  • 胸やけ

50代の場合は「閉経」という生理現象があり「卵巣の機能低下」という明確な体の変化があるのでわかりやすいです。

その為、対応策としてもホルモン補充療法などの具体的な方法が確立しています。

いつ起こるの?30代からの更年期障害

30代で起こる若年性更年期障害は「いつ」というタイミングが読めません。

そして最近、婦人科系で問題になっているのが30代から起こる更年期障害に近い症状です。ホットフラッシュや憂鬱、食欲不振、性欲減退などの症状が順調にキャリアを重ねる働き盛りの女性に増えています。

30代はPMSと見分けがつきにくい

50代の女性は閉経を迎えている為に因果関係が絞り込みやすいのですが、30代の場合はまだ生理がある為「PMS(生理前症候群)」との見分けがつきにくいです。

その為、若年性の更年期障害を診断する場合には慎重に問診を進めていく必要があります。

生理後にも症状があるかがポイント

PMSの場合は生理前に症状が出てきて生理後には徐々に落ち着くのが普通です。ですが若年性更年期障害の場合は生理周期関係なく症状が続きます。

若年性の更年期障害なのか、PMSなのかの見極めにおける重要なポイントとなります。

30代は仕事上の心配事に注意

30代からの更年期障害は仕事上の環境・人間関係などが引き金になる事が多いです。女性の社会進出が進んでいますが、まだまだ男性中心の世界の為に女性は男性以上に神経を使って働いています。

些細なミスが出世に響くという心配が心身のストレスとなって若年性更年期障害の引き金になるケースは多いです。

見分けるのが難しい!20代の更年期障害

20代の更年期障害についても30代と同じで「いつ頃から」というタイミングが読めません。女性ホルモンの減少するタイミングが生理以外に特に見当たらないからです。

PMSとの見分けが大切

20代の若年性更年期障害も30代と同じくPMSとの見分けが一番大切です。生理周期に合わせて出てくる症状なのか、生理周期に関係なく出てくる症状なのか。そこを注意深く見分けましょう。

20代は人間関係の変化に特に注意

20代、特に女性はとても繊細です。恋人とうまくいかない、別れた。そういった出来事でも大きなストレスとなり食欲不振、不眠、憂鬱といった若年性更年期障害の症状が出てきます。

まだ10代なのに!10代からの更年期障害の症状

これはまだ「そういった症状が出ている」とされているだけですが、10代にも更年期障害に近い症状が出る事があります。生理周期とは関係なくです。

10代は特にホルモンバランスが変化する

10代前半から第二次性徴が始まりホルモンバランスが変化してきます。本来なら反抗期といった情緒面での変化が注目されていましたが、最近は不眠、憂鬱、熱感といった症状を訴える女性が増えています。

昔に比べて成長が早い影響が出ているとの指摘もあります。

特に多感な時期でもある

10代は特に多感な時期です。その時期に第二次性徴というホルモンバランスの変化のタイミングが重なるので不安がストレスとなります。これを更年期障害と捉えるべきか別の世代特有の症状とするのかは判断がとても難しいです。

世代を問わず身近に!それが今の更年期障害

以上、更年期障害と若年性更年期障害が起こる時期について紹介をしてきました。はっきり言える事は「ホルモンバランスの変化・崩れ」という現象は女性なら生理が始まってから閉経まで継続して起こる為に、常に更年期障害に近い症状は身近にあるという事です。

    <各年代のホルモンバランスの変化>

  • 10代:第二次性徴、家族関係、生理
  • 20代:人間関係、将来への不安、生理
  • 30代:仕事の環境、人間関係、生理
  • 40代:閉経前の変化、環境の変化、生理
  • 50代:閉経後の変化、環境の変化

いずれの場合もホルモンバランスに変化が起こり、更年期障害、若年性更年期障害と似通った症状が出てきます。閉経という現象を伴わない30代でも若年性更年期障害という言葉があてはめられた時点で更年期障害は各年代に起こりうる疾患となったのです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ