更年期障害で目まい!快適に過ごすために漢方薬を試してみる価値あり

更年期障害は、卵巣機能の低下によって女性ホルモンのエストロゲンが減少が原因で起こります。更年期に入るのは、40代からといわれていますが、早い人だと30代でも更年期障害になる人もいます。

更年期障害はいろんな症状があり、その中には目まいや耳鳴りがあります。目まいは周りの人からの理解がないと、仕事中に休んでいたら仕事をさぼっていると思われてしまう事もあります。


更年期障害の目まいって?

子育ても落ち着いたころに始まる更年期障害。2010年の厚生労働省の調査によると、40代の更年期の女性には3人に1人の割合で目まいがあります

40代から50代の更年期障害は、自律神経のバランスが崩れて感覚器官の加齢変化によって、働きが鈍くなりめまいや耳鳴りの症状をおこります。自律神経の乱れと加齢に伴って血流が悪くなったり、脳の動脈硬化も進み更に自律神経が乱れていきやすくなります。

更年期症状の目まいは特に治療の必要もないという医師もいますが、仕事中に起こる目まいに悩まされて仕事をやめないといけない事も出てくるので、上司にはあらかじめそのことを伝えておきましょう。

また、外出中に目まいがあった場合は木陰を探したり、座れる場所を探して休憩できる場所を確保して安静にして下さい。

更年期の目まいはどんな症状?

目まいの経験のない人には理解しにくく、めまいで気分が悪くなったり、症状の軽いものから重いめまいもあります。目まいは突然起こり、周りの風景や天井が回っていてふらふらの状態になったり、気分が悪くなったりしますが、ずっと目まいがしているのではなく数秒で収まる事もあります。

目まいの種類には2種類あり、回転性の目まいは天井がぐるぐる回っている感じのもの、浮動性の目まいは、体が浮いている感じがしてまっすぐに歩けなかったりします。

更年期の症状は自律神経の乱れからくるのがほとんどで、浮動性の目まいは更年期の目まいが多いです。

更年期の目まいの対策について

軽い症状の目まいなら、特に心配をする必要はありませんが、めまいの症状が重ければすぐに病院へ行って診断をしてもらう必要があります。

浮動性の目まいは、更年期だけでなく脳腫瘍や、脳血栓等の脳血管障害やうつ病等の病気が隠れいている事もある為、軽く見ないで医師に相談してみましょう。

目まいは、病院からの薬を飲んでも簡単に解消されるものではありません。普段からの有酸素運動や、軽いストレッチ、規則正しい生活習慣や、上質な睡眠、ストレス発散をする事が、自律神経の乱れを整えてくれます。

漢方薬でめまいを軽減

普段の生活の見直しも大切ですが、更年期に効果がある漢方の加味逍遥散(かみしょうようさん)を飲んでい見る事もお勧めです。体を温めてくれ、女性ホルモンのバランスを整えてくれイライラやストレス、めまい、頭痛に効果があります。更年期障害等の人に処方されることも多いです。

抑肝散加陣皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)の漢方薬も筋肉の塊を柔らかくし、体がリラックスして立ちくらみやめまいの症状にも良いです。

目まいは非常に治すのが難しいので、自己診断で漢方を飲むのではなく医師に診断してもらったうえで相談しながら漢方薬を飲んでください。少しでもめまいが軽くなって、少しでも更年期症状が軽くなればうれしいです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ