更年期障害を克服するには家族と共に闘うことが大切 43歳 T.R.さん

「女」としてこの世に生まれたら、誰しも向き合うことになるのが更年期障害です。症状が軽い人も重い人も、自分が更年期障害だと自覚がある人も無い人もいると思います。

辛くてどうすればいいか分からず、1人で悩みを抱えている人もいると思います。私もかつてそうでした。しかし、自分の周りには家族を始め、頼れる存在がいるということを忘れないでください。解決の糸口はすぐそばにあるのですから。


思うようにいかない毎日

私が更年期障害だと自覚したきっかけは日常の何気ない動作が負担になることが増えたのが原因でした。それまで容易に出来ていた動作でも、少しするだけで息切れがしたり疲労感が顕著に現れるようになりました。

最初は仕事の疲れが溜まっているのだろう、というくらいにしか考えていませんでした。しかし、いつになっても自分の体調が改善される気配はなく、それどころか日に日に辛さが増す一方でした。その頃になると、自分の身体に対しての不安感も大きくなり「何か病気にかかってしまったのではないか。」と考えるようになりました。

インターネットや、中年層向けの雑誌などを読み、自分の症状が更年期障害にぴったりと当てはまっていることに気が付きました。不調の原因は明らかになりましたが、その頃の私には不安しかありませんでした。

いつ治るか、これ以上悪化したらどうしようと言った悩みばかりで頭がいっぱいになっていたのを覚えています。精神的にも身体的にも不安定な毎日が続きました。

救いの手を求める

暗い毎日が続き、家族や職場の方にも多くの迷惑をかけました。私は毎日を必死に過ごしていました。息切れや疲労感はすぐに現れるようになり、火照りやすくなったりもして正直、人前に出るのも億劫に感じるようになっていました。

様々なメディアから解決策を得ようとして沢山の方法を探しました。多くの手段を試した中で、自分に一番合っていたのは漢方薬かなと思っています。

気分転換のヨガやウォーキングなども試しましたが身体を動かすと辛くなってしまうので薬物療法に落ち着きました。漢方薬に即効性を求めてはいけません。気長に効果が表れるのを待つのみです。

症状の改善を待つ中で家族や知人からのサポートもかなり大きな役割を果たしていたと思います。周りの方の協力と理解があったからこそゆっくり自分のペースで治療に励むことが出来ました。

いつも通りの日々

症状の緩和が見られるようになってからは、少しずつですが今まで通りの生活もこなせるようになりました。

後々考えると私の更年期障害の症状は軽い方だったのだろうと思います。漢方薬の処方以外通院した訳でも無いですし、周りのサポートもあって恵まれた環境にいたのだと思います。

今、更年期障害で苦しんでいる方は周りに救いを求めてみて下さい。必ず改善策は見つかるはずです。大切なのは諦めないことと、自分のペースで治療を続けていくことです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ