更年期障害やっかいなだるい感が要注意!軽減する対処法とは何?

ちゃんと睡眠時間はとれているし、ちゃんと休養をとっているのですが、なかなか疲れが取れない感覚を感じたりするときがあります。

朝起きてずっとやる気が出ないし、面倒に感じてしまい、やる気が出ない普通ではない体調が出てくることが多くなります。

この倦怠感は女性がある程度の年齢に達したときに体験する更年期障害の症状の一つです。


更年期と疲れとだるいと感じるのは

赤ちゃんを産めなくなった年齢になると、閉経となります。閉経は月経が終わることとなります。卵巣機能が低下してしまい「エストロゲン」の分泌量が減ってきます。それが原因で自律神経が乱れてしまい、疲れがなかなかとれずに疲れがとれずに、延々と疲れがたまってしまうこともあります。

そのことで自律神経の乱れで精神的に落ち込んでしまうことが多くなってしまいます。更年期の時期は、家庭的の環境の変化を伴ってストレスが増加していきます。そのような環境の上に更年期による倦怠感のために、これまで当たり前にしてきたことができなくなったことでの罪悪感や無力感のためにストレスが増加させてきます。

そのまま放置をしていると、自分自身を追い込んでしまい、うつになってしまったりすることがあります。そしてもう一つの原因は、筋肉量が減り代謝機能が低下していきます。

代謝機能が衰えたことで、糖や脂質をエネルギーに変える代謝力が落ちたために疲れやすくなります。

更年期障害の主な症状のだるさの大きな原因は

倦怠感や疲れを感じているときは、眠りが浅かったり寝付きが悪かった大きな原因は、寝付きが悪かったり不眠や睡眠傷害があります。

まずは質のいい寝ることが大事です。倦怠感を和らげるためには、疲れた自律神経を休ませることが大事です。それは起きている間には過敏になっている交換神経を休めるために眠ることが大事です。

自律神経を乱れている状態なので、できるだけ整える意味でも規則正しい生活のリズムを整えることが大事です。寝る前のタイムテーブルは2時間前までに食事をすませること、1時間前には入浴をすることが大事です。

その他に眠る前の直前までスマホやパソコン画面などを見ない。毎朝は同じ時間に起きることが倦怠感は疲労感を改善させます。

更年期の倦怠感に適した対処法は

疲れを取るために、どうしても体は甘いモノを食べたくなります。しかし、中には添加物やバターに脂質などは余分なカロリーに油分などがあり体にとっては悪い影響を与えます。

そんな時こそ代謝が低下してエネルギーを作ることができない状態になった体にあんこの原材料の小豆は糖質をエネルギーに変える働きがあるビタミンB1が豊富に含まれています。

黒酢はダイエットに効果がありますがその他にも、体の中にはもともとクエン酸の役割はエネルギーを生み出す役割を持っています。クエン酸が豊富に含まれる黒酢はその他にも美や健康などの必須のアミノ酸がふくまれています。

糖質を体内でエネルギーに変えるときに必要な酵素を作り出すビタミンB1は豚肉、生ハムにタラコ、ウナギなどに多く含まれています。タンパク質を分解することができるビタミンB6脂質の代謝を活発にする栄養素ですので不足をしていると自律神経が乱れやすくなります。

貧血の予防のためには、神経を細胞を作るためには必要な栄養素としてビタミンB12があります。殆どがシジミ、赤貝、アサリにハマグリに鶏肉のレバーにいわしなどが多く含まれています。

それでも疲労回復や倦怠がとれなかったのならば、婦人科に行きエストロゲンを処方して塗り薬や、飲み薬として処方されるといいでしょう。しかし、女性ホルモンを薬品として補うことには副作用が伴っていることもありますので注意が必要になります。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ