更年期障害で不眠の時に快適な睡眠をとるために役立つ対処法

健康な生活を送るために必要なバランスは、栄養・休養・睡眠です。どれも大切ですが、睡眠が十分でないと生活に支障をきたすようになります。身体的な症状に加え、精神的・感情的にもいろいろな症状が出ます。

長びく睡眠不足は症状の悪化につながります。徹夜ができた若い時とは違い、加齢によって体のリズムは変わってくるため、順応することが必要かもしれません。更年期障害のひとつである不眠も上手に対処することが大切です。

睡眠障害の原因

更年期の症状に睡眠障害がありますが、3~4割の人が抱えている悩みです。女性ホルモンや黄体ホルモンの減少は、不眠につながります。また、睡眠中に急に顔や上半身がほてったりのぼせたり、動悸がすると目が覚めてしまい、熟睡できなくなります。

不安感や思い煩いでうつ状態になると、不眠を引き起こします。寝つきが悪くなってしまう入眠障害や、途中で目がさめる中途覚醒も不眠の原因です。夜遅く寝ても朝早く目が覚めてしまい、睡眠時間が少なくなるのも更年期障害のひとつです。

睡眠に必要な栄養は?

睡眠ホルモンの分泌を促すセロトニンの原料は、トリプトファンという必須アミノ酸です。トリプトファンは、肉・魚・豆・乳製品や、バナナ・チーズ・ゴマなどに含まれています。また、睡眠を促す効果の高いグリシンは、アミノ酸のひとつで、エビ・ホタテなどの魚介類に多く含まれています。

体や神経をリラックスさせるギャバも、アミノ酸です。発芽玄米・トマト・ナスに含まれています。1日30gの摂取量はとることが難しいため、サプリメントで補うこともできます。

さらに、デカペプチドというタンパク質も、リラックス効果があり、サプリメントで摂取することができます。

ぐっすり眠るための対処法

アロマオイルを使って、リラックスを促すアロマセラピーは効果的です。ラベンダーの香りは気持ちを落ち着かせたり、皮膚の細胞を活性化させます。

また、プチグレンは緊張感を和らげて、気持ちの高揚を鎮めてくれます。不安感を和らげたりアンチエイジング効果がある、ネロリもあります。オレンジスイートは、うつ的な気持ちを明るくしたり、血行促進や消化器系を良くします。

さらに、心身のバランスを正常に戻す効果のある漢方薬もあります。漢方薬は、副作用がありませんし独特の香りを楽しむこともできます。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ