更年期のうつは、家族の理解と協力がある事を和らげる

女性の閉経前後では、ホルモンのバランスが乱れてほてり、のぼせ、発汗等の症状が見られます。そのような状態の事を更年期障害と言います。

ほとんどの人が更年期障害と感じると産婦人科に通う人もいますが、自分がうつだと自覚している場合には内科、精神科へ通う人もいるのです。


なぜ、更年期障害にはうつ病もあるの?

更年期に入ると卵巣の機能が低下します。それによってホルモンの分泌量が減ります。脳にある自律神経中枢とに影響がある為自律神経失調症が引き起こされるのです。

その為、のぼせ、ほてり、発汗等の症状が出てき来るのです。更年期障害のうつ病の発症に大きな影響を与えているのは、女性ホルモンの分泌以外にも社会的、環境的な変化も関係しています。

つまり、子供が社会人になって家を出ていったり、自分たちの親の介護が重なったりなどが関係します。

更年期障害のうつ病の症状とは?

更年期障害のうつ病とうつ病の違いとは何?と思っている人も多いでしょう。更年期のうつとは、ほてり、めまい、動機、発汗があるかないかで判断できます。

更年期になる年齢は40歳前後で環境が大きく変化します。その年齢に更年期とうつが重なるので精神的にもつらいのです。

更年期のうつになったら、婦人科に行く、心療内科、精神科にも行く人もいます。どれも間違いではありません。

更年期のうつ、うつの違いは自分での判断は非常に難しいのです。だから、婦人科だけでなくほかの病院でも診察してもらう必要があります。

更年期のうつと家族の付き合い

母親が更年期のうつになっていると判断された場合には家族の理解と協力が必要になります。ある女性では、更年期を感じることなく気が付いたら60才になっていた。という人もいますが、稀です。

更年期に差し掛かった女性のほとんどが、更年期と受け止められずに不安や辛い気持ちでいるのです。

大きく変わる家族環境の変化と更年期が重なり、身体も思うように動かなくなり、イライラしてしまって家族に八つ当たりする事もあります。

その時に家族の一員として更年期という病気を理解してあげる事です。どんなにイライラして八つ当たりがあっても、つらくてしんどそうな一面があっても家族のみんながそれを受け止めてあげる様にして下さい。

更年期の強いうつを感じられる場合(何をしても楽しくない、興味が全くないような)にはすぐに病院で診断してもらいましょう。更年期のうつ治療には家族や周囲のサポートが鬱を和らげます。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ