更年期障害とはどんなものなのか?

更年期障害という言葉、最近よく耳にしますね。更年期障害は必ずしも女性全員がかかるものではありません。また、人によって症状も発症時期も様々です。

そのため、周りの人には気付きにくく、本人さえも気づいていないケースもあります。ここではそんな更年期について原因や症状などのポイントを述べていきます。


更年期障害になる原因

主な原因はホルモンバランスが崩れてしまうことにより起こります。女性は閉経によってエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が低下することで症状が現れます。

また、この時逆に分泌が上昇するホルモンがあることでも症状は現れます。低下しているホルモンを一生懸命分泌させようとして、そのホルモンを刺激するホルモンが上昇するのです。

更年期障害の起こりうる期間

基本的には閉経の前後約10年間。症状によっては老年期などまで長く継続する可能性もあります。人によってそれぞれなので急がずしっかりと向き合いましょう。

更年期障害の症状

多種多様の症候群で身体的な自律神経失調によるものと精神性の神経症があります。まるでのぼせたように顔がほてるホットフラッシュは有名です。

他には冷え性、頭痛、めまい、吐き気、記憶力減退、不眠、不安感、憂鬱、イライラ、神経過敏、しびれ、腰痛、肩こり、脱毛、皮膚乾燥、忍耐力低下、異常発汗、動悸などがあります。また、骨密度の低下によりつまずきやすくなったり、少しぶつかっただけで怪我をしたりということもあります。

更年期障害になることによるリスク

リスク1:うつになる

イライラしたり、ストレスによりうつになる危険があります。これには周りの人のサポートが大切となります。言いにくいことだとは思いますが自分のためにも、周りの人のためにも、正直に話して理解を求めて協力してもらいましょう。

リスク2:寝たきりになる

骨密度の低下、カルシウム低下により怪我をしやすくなったり、背中が丸くなってしまったり、歩くことが億劫になり運動量が減り、筋力が落ちて、結果寝たきりになってしまうこともあります。

リスク3:肥満になりやすい

血中のLDLコレステロールが上昇し、HDLコレステロールが低下することで肥満になりやすくなります。また、動脈硬化が起こし、虚血性心疾患や脳梗塞を引き起こしてしまう危険があります。

更年期障害の対策

更年期障害はカウンセリングにより軽快することがあります。ひとりで抱え込まずに頼りましょう。ホルモン補充療法という治療もあります。症状がひどい方は是非病院などで相談してみて下さい。

体を動かす

散歩をしたり、趣味のものに没頭してみるのもいいでしょう。つまりはストレスをためないことです。

食事を取る

更年期は倦怠感などからぐったりとして食欲も落ちてしまうことがあります。しかし、何も食べないと栄養不足になってしまいます。そんなときはスープやおかゆ、ジュースなど流し込めるものにするなど工夫しましょう。

おわりに

更年期はうまくやれば今まで通り普通に生活出来ます。ひとりで抱え込まずに周りをたよりましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ