更年期障害が来た!でも婦人科に行くだけが選択肢ではないのです 55歳 Y.J.さん

更年期障害、誰でも一度は通る道です。そしてそれはまた、丁度人生の分岐点にもあたる時期です。自分だけで苦しまずに、誰かに相談するのは決して悪いことではありません、口に出して言うだけでも随分と楽になるものなのです。

そして勿論婦人科へ行っての相談もよろしいのですが、他にも選択肢はあるのです。


更年期は時期的に

更年期になる年齢には誤差もありますが、若年性でない場合大体50代からと言う感じですね。私の場合は40代の終わり辺りでしたので、ちょっと早めだったのですが。

この時期は仕事関係はまだ忙しいのに、介護の問題や結婚している方はお子さんの進学や就職などで、どうしても身体も心も忙しくなってくる時期です。

更年期と言うのはホルモンバランスの崩れが原因ですが、この忙しさの過労でホルモンが崩れて更年期に突入してしまう、そういう方も多いでしょう。

実際の忙しさの疲れと、更年期の苦しさで追い詰められていってしまう、負のスパイラルになりかねません。

苛々、不安、だるさ

更年期の症状は様々ですが、気持ちの不安定さは皆さん経験なさっています、この不安定さが一番の辛さだと言っても過言ではないでしょう。

しかも仕事も介護も家事も休めないとあっては、どんどん辛さが増す一方です。私の場合もいきなり襲ってきた介護と、休めない仕事のせいで更年期に突入しましたが、何しろ外で仕事家で介護とまるっきり休みが取れずにいましたので、疲れと気持ちの不安定さは増す一方でした。

誰彼問わず「今もう滅茶苦茶で」と愚痴をこぼしていましたが、同年代の人は勿論ご自分たちも更年期やら何やらで忙しく、中々吐き出し相手を見つけられませんでした。

婦人科に行くのがお決まりですが、私の場合精神科で

疲れているのにこの不安定さのおかげで不眠症になってしまい、辛さは増す一方でした。これはもう医者に相談するしかない、と思った時に何故か、こういう時のお決まりである婦人科ではなくて、精神科に飛び込んだのは今もどうしてだか不明なのですが、結果としては良かったようです。

精神科は元々の治療がカウンセリングですので、先生もこちらの愚痴を良く聞いてくれましたし、眠れないと言うことで精神安定剤の処方もしてくれました。

しかも、薬が合わないと何度も駆け込んだ私に、そのたびに薬の変更や愚痴を聞いてくれたのですから、ありがたいことだと今でも感謝しています。

もし婦人科でホルモン系の治療をお願いしていたらどうだったか、は解りませんが、私的には精神科で良かったと思っています。”

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ