更年期障害の汗に不快感が!汗の予防できる方法は?

更年期とは、閉経を迎える前後の期間の事を指し、女性ホルモンの減少で体に様々な症状をもたらします。

日々の生活に支障のない人もいますが、更年期のせいで体が思うようにならない人もいます。

更年期に入るとエストロゲンの量が減っていくので女性ホルモンのバランスが崩れる為にホットラッシュや大量の汗等の症状があります。

そこで、今回は更年期の汗について記事を発進させていただきます。


更年期の汗について知ろう!

更年期に入っている多くの女性に見られる症状はホットラッシュです。汗を大量にかくようになったり、汗のおかげで臭いが強い人もいて悩みも様々です。

気温も高くないのに更年期の自分だけが汗を大量にかいて恥ずかしい思いをしている人もいます。急に背中や胸元、首や顔が熱くなったり、大量の汗が止まらなくなります。人によっても熱くなる場所や汗のかきかたも違い、また汗の程度も違ってきます。

汗やホットラッシュがどれぐらい続くのかも人によって違いがあり、ひどい人だと10年以上続く人もいます。

更年期の汗の原因とは何か?

なぜ、更年期に入ったからといって大量に汗をかくのかというと、汗腺の調節機能が老化する為に、汗の調節がうまくできないからです。熱くもないのに大量の汗をかいて恥ずかしい思いをする人も少なくないです。

また、更年期には体温の調節や血のめぐりが悪くなり自律神経の調節がうまくいかなくなります。だから、場所や気温も関係なく仕事中でも大量の汗をかいて困ってしまう事もあります。寝汗で布団がびっしょりと濡れてしまって困る事もよく見られます。

更年期の多汗の予防には有酸素運動

女性に多く見られるのは冷え性の人ですが、更年期に入ると冷え性が治るのかというとそうでもないのです。多汗をかくのは上半身が多くみられ、下半身は冷え性のままの人もいます。

外出中や仕事中に大量の汗をかいて服がびしょびしょになってしまった。濡れた服のままで仕事をするのは格好が悪いだけでなく、不快感のまま仕事をするのは集中できません。

多汗予防のためにも軽い有酸素運動をして普段から汗をかく習慣をつけましょう。ウォーキングやジョギングなどが気軽に始めれます。日頃から汗腺を活性化させている事で汗を常に出すように意識していると大量の汗の予防にもつながります。

また、下着や服の予備を常に持ち運び、いつでも着替えるようにしましょう。着替えをいつも持ち歩くだけでなく、臭いがしないように無臭スプレー、脇パットやハンカチも持ち歩いていた方がいいです。

ホットラッシュの悩みの女性も多いと思いますが、更年期はいつまでも続くものではありません。楽に多汗やホットラッシュと付き合うようにし、ストレスをためないようしましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ