知って安心!更年期を上手に乗り越える為には?

はじめに更年期障害とは、更年期に入ると誰にでも起こりうる障害ですが、その時期や程度、症状には個人差があります。

不調をほとんど感じない人もいれば、日常生活に支障が出る程の重度の症状に悩まされる人もいます。更年期障害の原因や症状を把握し、この時期を上手に楽しく乗り越えることが大切です。


更年期障害が始まる時期

更年期に入る年齢にも個人差がありますが、日本人の平均閉経年齢の50歳、というのがひとつの目安となります。その前後、45歳くらいから始まり、55歳くらいまで続く人が多いようです。

更年期障害の原因

女性特有のホルモンであるエストロゲンの分泌量は18歳~40歳くらいまでが最も多く、閉経が近づくにつれて卵巣の働きが低下しエストロゲンが急激に減少します。

それによってホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れ、心身ともに様々な障害を引き起こしてしまうのです。また、ストレスが多いと副腎が疲労し、副腎皮質から補うエストロゲンの量も減少してしまいます。ストレスをためていることも原因のひとつとなります。

更年期障害の症状

更年期障害の症状も人によって様々です。ほてりやのぼせ、動機やめまい、多汗、冷え、頭痛などの全身の症状、肩こりや腰痛、手足のしびれなど運動器官系の症状、イライラや不安感、不眠、集中力低下などの精神的症状などがあげられます。

更年期障害の対策

家庭で出来る更年期障害の対策は、規則正しい生活を送ることが最も大切です。食生活の改善やストレスをためないよう心がけることで、症状の緩和が期待できます。不足したエストロゲンの働きを補うイソフラボンを豊富に含む、大豆製品や、ホルモンバランスを調整する働きを持つ、ビタミンEを多く摂取すると良いです。

また、ストレスをためない為に、人と接したり、趣味に没頭するのも良いことです。

症状が重い場合は専門医のいる病院を受診します。ホルモン補充療法や、漢方薬、精神安定剤などによる治療が行われます。おわりに更年期障害は誰にでも起こりうる自然現象ですが、放っておくと寝込む程の症状になってしまったり、うつ病にまで発展してしまうケースもあります。

自分だけで悩まず、信頼できる人や専門医に相談し、できるだけ快適に、更年期を乗り越えましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ