誰にでもできる更年期障害の3つの対策は?

更年期障害とよく聞きますが、更年期障害はどういったものでしょうか?

一般的に閉経前後の10年間(50代前後)に起こると言われている自律神経失調症のような症状です。主に卵巣機能低下による女性ホルモンの低下にともない起こる女性特有の症状であり、症状としてはほてり、肩こりなどが一般的であります。

ちょうど子育てが終わったり親の介護があったりなど環境の変化も起こりやすい年代のため、ストレスからくるとも考えられており、うつ状態が見られることもあります。

では、誰もが起こりうる更年期障害の対策をあげてみます。

対策1:病院にいく

女性ホルモンの低下によって起こると言われているため、症状が重い場合はホルモン剤をいれることも改善策の一つとして視野にいれられるとよいでしょう。

対策2:ストレスを減らす

ストレスも原因の一つとして考えられるのであれば、ストレス発散が一番であるかと思います。例えば、アロマをしてみて心を穏やかにすることもよいでしょう。

また、ヨガをしたりウォーキングやストレッチなど身体を動かすことでリフレッシュすることもよいでしょう。身体を動かすことは肩こり改善にもよいのでオススメです。趣味を見つけることも心がワクワクしてよいでしょう。

そして、夫婦でしっかりコミュニケーションがとれていることも環境の変化へのストレス改善となるでしょう。

対策3:生活習慣の改善

自立神経失調症とは、副交感神経と交感神経のバランスが悪く起こります。ストレスを感じたり、普段仕事や家事をしているとき(活動しているとき)は交感神経が働いています。

逆にお風呂に入ったりゆったり横になったりリラックスしているときは副交感神経が働いています。現代はとくにテレビや携帯も普及していて、寝る前まで交感神経ということも多いので、副交感神経をしっかり働かせるというのが大事になります。

そのためには、ゆったりお風呂に入る時間、たくさんの質の良い睡眠をとることがとても大事です。また、食生活も女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをすると言われている大豆イソフラボンがたくさん含まれているものを食べることや、それだけではなく栄養が偏らないようバランスよく食べることも大切です。

まとめ

以上、更年期障害への対策について述べてきました。

誰しもが起こりうる更年期障害。それに向けてというより、日頃から以上のことを心がけて生活することも大切であるかもしれません。なぜならば、今の身体や健康状態は10年前の食生活やライフスタイルから作られているというからです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ