更年期障害の症状とは?生理との関係性

毎月の生理が徐々に終わりを告げる頃に、女性はホルモンバランスが崩れて、更年期障害で悩む方が多いですよね。

更年期とは生理の終わる前後10年間の45才~55才を指します。40代に入ると日本女性の約5%が生理不順になり45才前後から閉経を迎え始める方もいます。

更年期になると、卵巣の動きが低下して女性ホルモンのエストロゲンが減少し始めます。では生理が終わる前後にはどういった症状が出るのでしょうか?

生理が終わるとどうなる?女性ホルモン

女性の身体には、卵巣で作られるエストロゲンという卵胞ホルモンがあり、子宮の発育、排卵の促進、子宮内膜の増殖を働きとしています。

初潮を迎える頃に、エストロゲンのレベルが上昇して、成長期にはエストロゲンのレベルも安定し、生理も規則的な周期となります。

しかし、20代、30代と順調に続いてきた生理が40代に入るとエストロゲンのレベルが徐々に低下を始めます。閉経を迎える準備を身体がスタートさせるのです。

このエストロゲンの減少が女性の身体に様々な影響をもたらします。のぼせ、ほてり、イライラ、汗をかきやすくなるなどの症状が出始めます。

栄養素から改善してみよう

食生活を改善すると、乱れたホルモンバランスによる更年期障害も、少し楽になります。女性は、生理の流れで摂取した方が良い栄養素が異なります。

生理前から排卵期(低温期)には肉、魚、大豆製品などの良質なたんぱく質を多く取るようにしましょう。また、排卵期から生理まで(高温期)には、鉄や食物繊維が多く含まれる食品を取るようにしてください。

たんぱく質は、女性ホルモンの材料となり、鉄は血液や子宮に大切な栄養素です。また、食物繊維は月経前の便秘を改善してむくみにくい体にします。

更年期障害ラインでの生理との付き合い方

更年期ラインに自分が入ってきたら、更年期障害の症状を持ちつつ快適に暮らすための知恵をフルに活用しましょう。

まず、女性ホルモンにとても良く似ている大豆を多く取るように心がけましょう。煮豆でも良いですが、水煮の大豆をサラダに入れたり、豆腐や納豆など大豆加工製品から手軽に取り入れたりしても簡単に摂取できます。

そして、ストレスをあまり感じないように大らかな気持ちで生活するのも一つの方法です。時には自分にご褒美を設けて、好きなデザートを食べる、映画を見る、ショッピングを楽しむなどリフレッシュすることが大切です。

また、適度な運動も血流を良くして更年期障害の改善に繋がりますので試してみてはいかがでしょうか。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ