更年期障害によって起きる主な症状

更年期障害とは、閉経を迎えるにあたり卵巣機能が徐々に低下し、女性ホルモンが減ることにより起こるものです。閉経する時期は個人差がありますが一般的には50歳が多く、その前後である45歳頃から症状が見始められると言われています。

症状には気付かないほどの軽度のものから日常生活に支障はもたらすほどの重度のものまであります。

さて更年期障害の症状とはどんなものがあるのでしょうか?


体の症状

顔のほてり・のぼせ、動悸や脈が早くなる、大量の汗、めまい・だるさ、冷え、むくみ、肩こり・腰痛、手足のしびれなどがあります。夏でもないのに急に体の中から熱くなり大量の汗が出るや、今までは問題なく過ごせていた階段や少しの坂を登っただけで動悸がするなどいつもと何かが違うかもしれないと思ったらそれは更年期障害による症状の1つかもしれません。

女性ホルモンの減少により脳が混乱をおこし、自律神経のバランスが崩れていきます。その結果血液循環の働きがうまくいかないことにより、全身にいろんな症状がおきるのです。

心の症状

イライラする、不安な気持ちになる、眠気がする(睡眠障害)、神経質になる、意欲が下がるなどあります。全身の症状と一緒に表れる事も多く、日によって症状の出方が異なるのが特徴です。

また自分の意思ではコントロールすることが難しくなるので、家族の協力や理解がないとさらに自分を責めてしまったり、気持ちを相手にぶつけてしまったりと生活するのがしんどいと感じることも出てくると思います。

不眠などは、軽く体を動かしたりぬるめのお風呂につかることで症状を緩和することもできますが、イライラしたり不安な気持ちは治療を行うことで改善でき今までと同じような生活を送ることが可能になります。

内臓の症状

~生殖器系~

月経異常や不正出血がある。これが1番有名で、更年期かもしれないと分かる判断材料の1つにしやすいのではないでしょうか。女性ホルモンのバランスが崩れるので数ヶ月に1度しか月経がないや1ヶ月のうちに何度も月経がきたりします。

~消化器系~

吐き気や嘔吐、食欲不振がおきる。これも自律神経の乱れにより消化器官の機能が低下するために起こります。また消化器官はストレスにも弱いので、他の症状が続くことでストレスになり…と悪循環になっていることも考えられます。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ