更年期障害を乗り切るためには明るく前向きな気持ちになるには?

日常生活で生じる様々な出来事は、気持ちを変化させます。楽しいことや辛いこと、嬉しいことや悲しいこと、驚くことや動揺することなど、様々な変化があります。1日のうちに起きる感情の変化は、表情や行動にも影響します。

加齢によって生じる更年期障害には不安感がありますが、生活の中で出会う友人や家族と楽しく過ごすために、不安感と上手に付き合うことが大切です。


更年期障害の原因は?

閉経した女性の約40%にみられる不安感は、頻度が高い更年期障害です。卵巣機能低下によって女性ホルモンの分泌量が減少し、脳の視床下部にある自律神経に影響を与え、自律神経失調症になります。

家庭環境の変化によるストレスの増加や、加齢による体の衰えを感じて落胆することなども、自律神経失調症をひどくします。完璧主義や几帳面な性格も影響するかもしれません。不安感の悪化は、強い憂うつ感を引き起こしたり、更年期うつ病になることも考えられます。

更年期障害の対処法

更年期障害の不安感は、わけもなく不安になり、波が押し寄せるように感情を憂うつにさせます。周囲の人が、褒めたり温かく見守ったり、話を聞いてあげることは助けになります。無理をせず、少し疲れたなら心と体を休ませて、リラックスさせることもできます。

ストレスをためないように気分転換したり、自分の時間を作り好きなことをするのも良いかもせれません。不安感は体温を下げますので、冷えを緩和するために半身浴で身体を温めたり、首やお腹、足が冷えないようにすることも大切です。適度な運動をして、気分を爽やかにすることもできます。

更年期障害を乗り切るために必要な栄養素は?

不安感を抑えるには、セロトニンという神経伝達物質が必要です。セロトニンは、神経が興奮するのを抑えて気持ちを落ち着かせます。セロトニンの材料となるトリプトファンは、アーモンドやチーズ牛乳や肉に含まれています。

また、病院で行ってくれるプラセンタ注射や、サプリメントのプラセンタを摂取したり、ローヤルゼリーやマカも効きます。ホルモン代謝を高める大豆イソフラボンや、ホルモンバランスを整えるブラックコホッシュ、血中コレステロールを下げる植物コレステロールや、神経機能を整えるカリウム、コレステロール値を下げるキチンキトサンや、ホルモン調節を行うサポニンも効果があります。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ