更年期障害をアロマオイル(精油)で緩和するには?

更年期障害とはなかなか自身では原因が分かりにくい女性特有の症状です。最近すごく体がだるい・重い、体が火照る、異様に汗をかくなど不調が続きます。

更年期障害はホルモンバランスが崩れ、自律神経失調症と同じように考えられることも多いです。ここでは、更年期障害を緩和し予防ができるような方法などを紹介します。


香りの力で更年期障害を緩和

植物の精油にはそれぞれ体や心に対して働きがあります。それがアロマセラピーという自然の力に頼りさまざまな療法で乗り切る方法です。特にアロマオイル(精油)の中で、「クラリセージ」が非常に有効だと言われています。

女性は閉経を迎えると更年期障害を引き起こすようで、卵巣からのホルモン分泌の急激な減少が様々な症状を引き起こします。その為、女性ホルモンの1つエストロゲン作用があるから更年期前からクラリセージの香りが好きであればその時期も穏やかに過ごせると考えられています。

クラリセージ女性ホルモンであるエストロゲンと同じような作用を持ち、乱れたホルモンバランスを整えてくれます。また、神経質すぎたり、気苦労が多かったりなど自信を持てない方にもお勧めの精油です。

アロマオイルの使用方法

では、アロマオイル(精油)をどのようにして使用するのかを紹介します。

スタンダードな方法はアロマオイルをダイレクトに嗅ぐ(吸入方法など)、そしてマッサージなどがお勧めです。一番簡単ですぐにできるのはアロマオイルを嗅ぐことです。精油の蓋をあけそのまま深呼吸をするように嗅ぎます。

もうひとつの嗅ぎ方は吸入で、こちらも手軽にアロマオイルを使用する方法です。使用方法は洗面器にお湯を張りアロマオイルを1滴づつ入れます。(最大4滴くらいまで)1滴づつ入れながらバスタオルを上からかぶり、アロマオイルを入れた蒸気を目を閉じながら静かに嗅ぎます。

マッサージもアロマオイルやトリートメントオイルが揃えば自宅で手軽にセルフマッサージができます。最近ではアロマ専門店でなくても様々な場所で、アロマ入りオイルが手軽に手に入ります。しかし、症状に合わせるのであればアロマ専門店でしっかり症状に合わせてアロマオイルを購入された方が良いと思います。

更年期障害としっかり向き合う

ここでは香りの力で更年期障害を緩和することをお伝えしましたが、日常生活において生活リズムや食生活の乱れ、ストレス等が更年期障害を引き起こし悪化させます。現代社会ではノンストレスにすることは中々難しいかもしれません。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ