更年期障害なんて怖くない!考え方でひとつで変わる 49歳 K.M.さん

まだまだ先だと思っていた更年期障害、私にもとうとうやって来ました。

半信半疑?認めたくない!全てを更年期障害のせいにはしたくありませんが、やはり何をするのも億劫で辛い時もしばしば。少しでも症状を軽くできればと試行錯誤する毎日です。

症状の重い、軽いはあるかもしれませんが、いつかは誰もが経験すること。そんな更年期障害と寄り添い、お付き合いして行ければと思っています。


早すぎる?更年期障害の始まり

40歳を過ぎたあたりから、冬でも急に首筋や頭から大量の汗をかくようになりました。もともと汗かきで暑がりだった私はあまり気にもとめていませんでした。

年齢的に少し早いような気がして、「更年期?!いやいや、まだでしょ~」と思っていたのです。今思えば、それが更年期障害の始まりだったのだと思います。

友人との食事中、急に顔がほてりのぼせたようになり、ナプキンで汗を拭う、夜中に数回どうさしようもない暑さと動悸で目が覚める、など、いわゆる「ホットフラッシュ」に本格的に悩まされ始めたのが、42~3歳ごろだったと思います。

私の更年期障害の症状:のぼせ、イライラ、虚無感

45歳を過ぎた頃から、度重なるホットフラッシュに加え、ささいな事でやたらとイライラしたり、時にはどうしようもない虚無感に襲われるようになりました。若い頃、職場のお局様の情緒不安定な態度を「あれ、きっと更年期だよ」と嘲笑っていたのが、今は自分の身に起こっているのです。

信じたく無かったですが、やはり年齢に嘘はつけません。湧き上がるイライラを押さえつけようとしてまたイライラしたり、そんな自分を責めて落ち込んだり。本当にあれほど自分の肉体がホルモンに支配されているんだなと実感したことはありませんでした。

更年期と寄り添う、向き合う

50歳を目前にまさに今は更年期の真っ只中にいます。「自分は更年期なんだ」と言うことを認めて受け入れる事によって、原因不明のパニックに陥る事もなくなりましたし、年齢を味方につけて、周囲の人達の理解を得られるようにもなりました。

それによって40代前半に更年期を初めて実感した時とは違い、上手く寄り添い、向き合う事が出来るようになりました。相変わらずホットフラッシュは頻繁に起こり辛い時もありますが、リラックスする時間を無理やりにでも取るようにしてからは少しマシになったような気がしています。

女性という複雑な身体を持って生まれてきた宿命として、更年期障害も私にとってひとつの時代であり歴史になるのかなぁなんて、気分が晴れている時はしみじみ思ったりします。ずっと続くわけではない、苦しくも愛おしい時間と思い、今を乗り切る事にしています。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ