30代でも更年期に!?若年性更年期障害とは?

更年期障害と聞くと、多くの人は50代以降の世代から始まると思っている方が多いと思います。しかし、中には、30代から更年期障害に悩まされているケースも最近では多くみられるようになりました。

実際に、更年期障害はいつごろから始まるのかについて、ご参考にしてみてください。


更年期障害が始まるタイミング

更年期障害が始まるタイミングは、人によって個人差が大きいものです。女性には生理が毎月きますが、その生理が閉経となる時期がおよそ50歳前後。そのため、50代くらいからが更年期障害の目立つ時期になっているのです。

しかし、閉経する、もしくは閉経したタイミングで更年期障害が来るという認識ではなく、これは女性ホルモンの変化により更年期障害を発症するものなのです。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量の減少が関係しており、その結果体に様々な影響を及ぼすと言われています。そのため、機能が低下してしまった若い女性でも、若年性更年期障害という形で、早い段階から更年期障害に悩むケースもあるのです。

更年期障害と若年性更年期障害の違いは?

上記で述べたように、エストロゲンというホルモン分泌の減少によって、更年期障害が発症するケースが通常のパターンです。そのため、閉経のタイミングや時期から、自身である程度更年期障害の症状なのか感じ取ることが出来ます。

しかし、若い女性に見られる若年性更年期障害の場合は、このホルモン分泌が原因であることは少なく、自律神経の乱れによって引き起こされていることが多いのです。

ストレスなどにより、卵巣の機能が低下し、生理不順を引き起こす。そして、生活習慣などの乱れによって、悪循環を招き、結果的に若年性更年期障害になることがあります。更年期障害と若年性更年期障害には、こうした違いがあることから改善方法も異なりますので、早めに婦人科の診察を受けるべきでしょう。

人それぞれ違う更年期障害

始まるタイミングも症状も、更年期障害の症状は一人一人違いがあり、一概に同じような現象が起きるとは言い切れません。

まず、体調が思わしくない状態が続いていて、それが閉経前後である、そうした条件が整っているのであれば婦人科の受診が必要です。また、若い女性も更年期障害はまだ先の事だと過信せず、似たような症状や生理不順がある場合は疑ってかかるべきです。

環境・時代の変化とともに、更年期障害の始まるタイミングは少しずつ早まっているのも事実です。自身の健康管理とともに、症状の改善を図りたいのであれば、年齢に関係なく一度病院へいってみると良いでしょう。更年期障害は、長く続き日々の生活において、心身共に辛い時期が続きます。

タイミングは決して閉経したから始まるという訳ではないこと、若い女性にもあり得ることというのを意識し、不調が続くようであれば更年期障害を疑ってみると良いでしょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ