更年期障害が起こる原因を知る事で動脈硬化も防げる

女性は、年を取るともに女性ホルモンの分泌が減少します。40歳ごとを過ぎたあたりからエストロゲンの分泌量が減るのです。

個人差もありますが、一般的にはホルモンの変化が大きい40歳後半ごろから更年期が始まります。早い人で30代の人もいますし50代の後半の人もいます。


なぜ更年期障害が起こるのでしょうか?

日本人女性の閉経は50歳前後です。更年期は卵巣の働きが弱まり卵巣で分泌される女性ホルモンの量が減少します。それとともにホルモンのバランスが乱れて自律神経にも影響があるのです。

つまり、更年期を迎えた卵巣は、エストロゲンの分泌がコントロールできない為に、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加というホルモンバランスの乱れを起こすのです。

その為、体のほてり、大量の汗、頭痛等の症状が出てきます。

更年期後に迎える様々な病気とは?

女性は、生理があり、出産をし、子育てが終わる年齢と同時に更年期があります。最近は、高齢出産もあるので出産後に更年期を迎える人もいます。

女性は、生理がなくなるという事自体女性にとって大きなショックでもあります。だから、現実にそれを受け止める事が難しくうつになる人もいます。

閉経を迎え、女性ホルモンのエストロゲンが分泌されなくなると老後に向かって身体が大きく変化し続けていきます。エストロゲンは、骨、関節、血管、脳、肌等にかかわっているので骨祖しょう症、動脈硬化、認知症等になる可能性があるのです。

更年期と動脈硬化は合併症は本当?

生活習慣病からくる動脈硬化と更年期障害からくる動脈硬化があります。

動脈硬化とは、簡単に説明すると動脈が固くなってしなやかさが失っている状態です。その為、血管が詰まったり、血管の中が狭くなったりするのです。栄養や酸素も十分にいきわたらなくなるのです。

更年期を迎えた女性に多いのが動脈硬化です。更年期と動脈硬化は合併症の一つと数えられています。

理由は、ホルモンのバランスの乱れるからです。更年期に入ったら生活習慣を見直す必要があります。更年期障害になると自分でも健康でいるために生活習慣、食事を見直しましょう。

大豆に含まれているエストロゲンと同じ働きをするイソフラボンを体内に摂りいれる事、又、病院ではホルモンの補充治療法もあります。更年期障害に入ったと思ったら、冷静に判断し、必要ならば医師の診断を受けましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ