つらい更年期障害とどのようにつきあっていくか?

更年期障害とは中年の男女がなるもので、その症状と強さは人により異なります。

一般的な症状としてはイライラする、のぼせる、汗が出る、不安感、うつ状態、食欲不振など色々とあり、いつ頃なるか、他の病気との差別化も難しいものです。症状は急に出るものではなく、なんとなく最近、いつもと違うかなといった感じで本人も気づかない時もあります。

ちょうどそのような年齢は親の介護、子供の子育て、自立、色々と重なる時でもあります。


どのように対処すればいいのか?

一般的な症状で軽い場合、ある程度は周りに気づかれず対処できます。自分でコントロールする術を身につけ、今、自分の身体は更年期なんだと客観視できたら気持ちも軽くなります。

しかし、症状が重い場合は仕事や介護、子育てや人間関係にも深く影響が出てきます。
ある程度、理解できる方が周りにいたら思いきって打ち明けるのもいいです。助けてくれる場合もあります。子育て中だとなかなか子供は理解できないかもしれませんし、子供が思春期だと理解するのも難しいです。

自分を客観視するには

まず更年期にはどうなるか自分なりに調べ、周りに理解してもらうのが有効ですが、なかなかそうできない人も自分の置かれた状況をよく把握するべきです。訳もなく落ち込んだり、感情の起伏が激しくなったり、今までにはない状況が長く続くと途方に暮れたり何かに依存してしまったりと悪循環になってしまいます。

同じ仲間と話してみる

気持ちがふさぎ、やる気も出ず、何もかも投げ出したくなってしまう時は、同じような仲間と話してみるといいです。病院の先生に相談するのでもいいですが、身近な友達に話してみると案外、みんな同じ様なストレスを抱えてたり、色々と勉強になります。また話してスッキリしたり、笑い話にしてしまうのもいいです。笑う事はとてもいい事です。

それでもやっぱり、駄目な時は

思いっきり笑う事はいい事ですがそれができない時は思いっきり泣くのもいい事です。方法は色々あります。

悲しい本やDVDを観たり、懐かしい音楽を聴いてみるのもいいです。自分なりに何が合ってるか、模索しながら仲間と一緒に更年期を乗り越えていけば、更に素晴らしい人生が送れると思います。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ