更年期と更年期障害の3種類の症状

更年期障害の程度は、本人の性格、精神状態、周囲の環境により影響を受けます。

まずは生活習慣、生活環境の改善を図るのが基本です。更年期は、まさに性成熟期から生殖不能期への移行期45~55歳にあたり、平均51歳で訪れる閉経以降の30年余りの生活を、いかに健康に過ごすかを考える人生の節目といってもよいでしょう。

更年期障害の疑いがあるときは、専門医を受診し、まずホルモン検査をうけることをおすすめします。更年期障害は、卵巣機能がまだ変動している時期にみられるもので、一定の時期が過ぎて卵巣機能が完全に低下し全身の状態がホルモンの変化になれてければ、自然によくなると考えられています。更年期障害の症状は、自律神経失調症状、精神症状、その他の症状に分けられます。


自律神経系失調症状

加齢に伴う卵巣低下により、女性ホルモンとして知られるエストロゲンの卵巣から分泌される量が低下し、自律神経失調症を引き起こします。血管運動神経症状、ホットフラッシュ、発汗、冷え性(顔ののぼせ、ほてり)睡眠障害、動悸、めまい、耳鳴りホットフラッシュは閉経女性の40%~80%に認められ、1~数年間持続し長期にわたる場合もあります。

治療は、エストロゲンによるホルモン補充療法や自律神経調整薬などによる薬物療法が中心になります。更年期障害に対するホルモン補充療法は、定期的な子宮がん、乳がん検診のもとで数年間をめどに行なうのは問題ないと考えられます。

精神症状

憂うつ、精神不安定、意欲低下、不安感、記憶力減退憂うつは閉経女性の40%に認められています。また最近の調査では、更年期女性の特徴として、ホットフラッシュよりも肩こりや憂うつを訴える頻度が高いことがわかりました。

治療は、向精神薬を主体とした薬物療法と精神療法が有効です。更年期うつ症状に対しては、男性ホルモンによる補充療法が最も有効であることが知られています。

その他の症状

運動器官症状肩こり、関節痛、腰痛、筋肉痛消化器症状腹痛、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢その他疲労性、口渇感、皮膚掻痒感家庭や社会環境の変化からくる社会心理的ストレスが憂うつや情緒不安定などの精神症状を引き起こします。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ