口の渇きの原因は更年期障害かも!更年期にドライマウスが増える理由

口に中がやたらと乾いて常に水分が欲しくなったり、食事のときに物を飲み込むのが辛くなるといった症状が、更年期以降増えてきます。これは、唾液の分泌量が減って口内が乾燥しきってしまうことから起こるドライマウスという症状です。

ドライマウスの原因と体に及ぼす影響、更年期以降の女性に急増する理由を詳しく紹介します。

こんな症状ありませんか?更年期に増えるドライマウス

ドライマウスはまだ日本では認知度が低く、原因や治療法などあまり知られていませんが、多くの人が不快な症状に悩まされています。ドライマウスは更年期以降の女性に多く、特に50歳以上になると急増します。

ドライマウスの症状は?

健康な状態の口内は常に唾液で潤っています。唾液の分泌量が減少して口が渇ききった状態がドライマウスです。以下のチェック項目にあてはまる症状がある場合はドライマウスの可能性があります。

    <ドライマウスチェック>

  • 口に中が乾いている
  • 唾液が出にくい
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭がする
  • 急に虫歯が増えた
  • 1日中水分が欲しくなる
  • 味がわからなくなった
  • 舌や唇がヒリヒリする
  • 話し辛いことがある

唾液の役割は?

唾液の役割として、消化を助けることや物を飲み込みやすくすることはよく知られていますが、その他にもさまざまな働きがあります。

    <唾液の主な役割>

  • 炭水化物を分解して消化を助ける
  • 口内の汚れを洗い流す
  • 細菌を防ぐ
  • 口腔内の粘膜を保護する
  • 味を感じる
  • 歯の保護と虫歯予防

ドライマウスの原因は?更年期に増える理由は?

更年期にドライマウスになる女性が急増します。ドライマウスの原因となぜ更年期にかかりやすくなるのか詳しく説明します。

ドライマウスになってしまうのはなぜ?

唾液には体を守るさまざまな役割があります。唾液の分泌量が減少する理由はいくつかあります。

    <ドライマウスの原因>

  • 薬の副作用
  • 口呼吸
  • 精神的なストレス
  • 水分の摂取量が足りない
  • お茶やコーヒーなど利尿作用のあるものの飲みすぎ
  • よく噛まないで食べる
  • 口の周りの筋肉の衰え
  • シェーグレン症候群
  • 加齢
  • 更年期症状

更年期のドライマウスとエストロゲン

一般的に女性の肌や髪は男性に比べてハリや潤いがありますが、それは女性ホルモンのエストロゲンの作用によるものです。更年期になるとエストロゲンの分泌量が急減するので髪がぱさついたり乾燥肌になります。口が渇きやすくなるのもエストロゲンの減少が影響しています。

更年期にはホルモンバランスの崩れから自律神経が乱れ、汗や唾液といった外分泌腺の分泌にも影響します。さらに加齢によって筋肉も衰えてくるなど、更年期にはさまざまな要因が複合的に絡み合ってドライマウスになりやすくなるのです。

ドライマウスの治療は?診療科は何科が良いの?

ドライマウスは加齢によるものだから仕方ないとあきらめている人も多いようですが、病気が原因であることも考えられます。きちんと診断を受け、適切な治療を行うことで不快な症状を軽減できます。

何科を受診すれば良いの?

最近は歯科口腔外科にドライマウスの専門外来を設けているところも増えてきました。また、歯科でも女性専門のドライマウス外来のあるクリニックがあります。

ドライマウスの治療は?

病気が原因であれば、まず病気をきちんと治療しましょう。他の病気がない場合は、粘膜を修復するうがい薬や保湿ジェル、保湿スプレーを使って口の中に潤いを与えます。

更年期に多いシェーグレン症候群

ドライアイやドライマウスの原因となる病気の中で更年期に多く発症するシェーグレン症候群は、ドライマウスの患者のうち1割ほどを占めているとも言われます。眼科や皮膚科、口腔外科などにも専門家がいます。

今すぐできる!ドライマウスの予防とセルフケア

更年期のドライマウスは加齢とエストロゲンの減少が主な原因ですが、悪化させる要因があります。反対に日常生活の中でできるセルフケアで症状を軽減させることもできます。

ストレスをためない生活を心がける

ストレスを受けて体が緊張すると唾液の分泌が減少します。1日の中でリラックスできる時間を作ってストレスをためないようにしましょう。

部屋の湿度に気をつける

室内が乾燥すると口の中も乾きます。冷暖房のきいた部屋は特に乾燥しますので加湿器などで湿度を一定に保つようにしましょう。

しっかり咀嚼して食べる

ドライマウスになると水分がなくパサパサした物が食べ辛いので、どうしてもやわらかい物ばかりになりがちです。しかしそうした食習慣では唾液の分泌がますます少なくなります。

規則正しい生活をする

しっかし寝て目覚めよく1日をスタートする規則正しい生活は健康の基本です。更年期に乱れがちな自律神経を整えるためにもメリハリのある生活をしましょう。

更年期のドライマウス改善!よく処方される漢方薬

漢方では、ひとりひとりの体質などをみて漢方薬を処方します。西洋医学は症状にあった薬を使いますが、漢方は同じ症状でも人によって使う漢方薬は異なるのです。

更年期の不快な症状の改善に漢方薬は適していますが、服用する際は漢方医や漢方に詳しい薬剤師の処方に従うことをおすすめしますが、よく処方される漢方薬を紹介します。

麦門冬湯(ばくもんどうとう)

気管支を潤して喉の乾燥やイガイガをとります。喉がひどく渇くときにも処方されます。

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

比較的体力がある人に向く漢方薬です。湿疹・皮膚炎や皮膚のかゆみがある場合に多く処方されますが、喉の渇きやほてりにも用いられます。

滋陰降火湯(じいんこうかとう)

喉に潤いなく痰が出なくて咳こむ人の治療に使用されます。体液やリンパ液を増やし、口内や喉を潤します。

まとめ

ドライマウスは唾液の分泌が減少して口の中が乾いた状態です。物が飲み込みにくくなったり、口内が傷んだり、味覚が鈍くなって味付けが上手くできなくなるなど生活上でも支障が起きることもあります。

更年期になると女性はドライマウスにかかる人が増えてきます。加齢による筋肉などの衰えや生活習慣によるものが原因となりますが、更年期に女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することも大きく関係しています。

ドライマウスは加齢によるものだとあきらめてしまう人も多いのですが、最近は専門の診療科も増えています。思わず病気が隠れていることもあるので更年期になったら受診することをおすすめします。紹介した漢方薬治療や生活習慣の見直しで改善することもありますので参考にしてください。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ