更年期障害はホルモンが原因?自律神経失調症への対処がポイントです!

女性が更年期になることにより、ホルモンのバランスが狂って、心や体にさまざまな障害が現れることが多くなります。それが更年期障害です。

更年期障害は主に、自律神経失調症として現れます。

誰にでも更年期は訪れますが、更年期障害は人によっては現れないこともあり、現れた場合の症状の程度も異なります。

個人差はありますが、だいたい45歳から50代にかけて起こるものです。

ホルモンバランスの乱れが更年期障害の原因か

閉経を迎える前後は、加齢により卵巣の機能が衰えるため、卵巣からの女性ホルモンの分泌が減少します。これが脳からのホルモン分泌を促す指令との間に不整合を起こしてバランスがとれなくなります。

これが自律神経失調症を引き起こします。更年期障害は自律神経失調症の症状となって現れます・更年期障害は心と体の両方にやってきます。自律神経失調症はさまざまな症状を引き起こし、そもそも診断のむずかしい病気です。

また、更年期を迎える女性は、加齢によるホルモン分泌の低下以外にも、家庭的、社会的にもさまざまな問題を抱える時期にも該当します。そういうストレスが原因で起こる精神症状が現れる場合も多くあります。

更年期障害は、自律神経失調症とストレスによる精神症状が複合したものとして現れます。

更年期障害の症状があったらどうする

更年期障害を引き起こす自律神経失調症の代表的な症状は顔ののぼせやほてり、発汗などです。

自律神経失調症の症状は、その他にも、さまざまな形で全身の症状となって現れます。不眠や、肩こり、頭痛、下痢など、ある程度の年齢になると、ほとんど誰にでも思い当たるような症状です。

どれかの症状があったからと言って、すぐ自律神経失調症だと診断できるものでもありません。実は、別の病気が隠れている場合もあり、単に年齢的にあてはまるからといって、更年期障害だと片づけてしまうのは、危険なケースもあるので注意が必要です。気になる症状は、医師の診断を受けるのが適切です。

更年期障害にはホルモン療法が効果的か

更年期障害の症状の大きさは、本人の精神状態や生活環境によって異なります。症状が重くて苦痛が大きい場合には、薬物療法も必要です。

のぼせ、ほてりや発汗など自律神経失調症の症状が典型的に現れている場合には、ホルモン補充療法などが有効になります。精神症状が多く表れる場合には、向精神薬などが必要になる場合があります。

症状の改善には、生活習慣の見直しによる効果も大きく、やはりこれが基本になります。周囲の理解や環境も大切で、ストレスをため込まないような、前向きな生活をする姿勢が重要です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ