更年期障害で体が熱い…!もしかして、それはホットフラッシュかも? 

女性の閉経とともに訪れることも多い「更年期障害」。

大体50歳前後で更年期を迎える女性が多いのですが、最近は30代で迎える人も多いと言われています。

何事もなく更年期が過ぎれば一番いいのですが、中には「ホットフラッシュ」という現象に悩まされる人も。

多くの女性が苦しんでいる「ホットフラッシュ」について解説しましょう。

あなたのその症状はホットフラッシュかもしれない!

更年期になったときに、のぼせやほてりなどの症状に悩まされる人がいます。ちょっとののぼせやほてりなら、誰もが経験しているでしょう。でも、ホットフラッシュの場合はその症状が非常に顕著です。

・寒いところなのに、なぜかたくさんの汗をかいてしまう・運動をしていなくても、シャツがぬれるほどの汗が出てくる・頭や顔が熱くなり、ほてった感じが抜けない。それが人前でも起きてしまう「体が熱くなるだけ」というと大したことがないように思う人もいるかもしれませんが、ずっとのぼせたような感覚が続くと頭が重くなりますし、突然汗が噴き出してくるというのも辛いものです。

このホットフラッシュに何年も悩まされ、苦しんでいる人も多いのです。

ホットフラッシュの原因は自律神経の乱れにあった

では、どうしてホットフラッシュのような症状が起きるのでしょう?ホットフラッシュの原因は、女性ホルモンが減少したことで自律神経が乱れてしまっているということにあります。

更年期になると、女性ホルモンのひとつとして知られている「エストロゲン」の量が少なくなってしまうために、自律神経の乱れがでてきてしまうことも。これがホットフラッシュをはじめとする更年期障害の原因になっています。

ホットフラッシュが酷い場合は、病院での治療をすすめられることもあります。女性ホルモンの減少が女性の体に引き起こす症状は、決して小さくはないのです。

ホットフラッシュが酷い場合はホルモン治療をすることも

更年期障害の症状のひとつであるホットフラッシュは、女性ホルモンが減少することで起きるものです。このため、あまりに症状が重く改善が見られない場合はホルモン治療を行うことも。

ホルモン治療の他にも、漢方治療などをすすめられることがあります。漢方はすぐに効果がみられるものではありませんが、続けて飲むことで体が楽になる可能性はありますので、「ホットフラッシュの状態がどうしてもよくならない」という場合は試してみることをお勧めします。

漢方薬は副作用もないので、薬を飲むことに抵抗がある人にもオススメ。

運動をすることや生活習慣を見直していくことも大切です

更年期障害に悩まされている人の中には、生活習慣が乱れてしまっている人もいます。生活習慣が乱れると、やはりそれは自律神経にもよくありません。

きちんと寝て、決まった時間に起きること。野菜を取り入れた健康的な食生活をして、適度な運動をすること。こういった規則正しい生活をすることも、更年期障害を改善する方法のひとつです。

もし生活習慣が乱れていると感じている人がいたら、見直してみることをお勧めします。運動は気持ちもスッキリしますし、オススメですよ。

女性にとって辛い更年期障害!周りは理解してあげて

更年期障害の辛さは、女性によって様々です。整理痛も酷い人とそうじゃないひとがいるように、更年期にどんな症状が出るかもその人次第。この様な事情から、更年期障害に関しては正しい知識が広まりにくいですし、症状について十分な理解が得られているとは限りません。

もし、家族が更年期障害に悩んでいたら、一緒に病院に行くなどしてその人の症状を理解してあげること。そして、症状を軽くするにはどうしたらいいかを話し合いましょう。

周囲がきちんと更年期障害について理解すること、それが当事者にとっては何よりの手助けになります。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ