自律神経を整えて更年期障害を軽くする3つの対策は?

更年期障害の症状は自律神経の乱れからくるものが多く、自律神経の乱れが酷いほど更年期障害の症状も強く出てきます。

酷い症状に悩まされないためには、自律神経を乱さない対策も大切です。


自律神経の乱れにより起きる更年期障害の症状

自律神経が乱れることにより起きる症状としては、ほてりやのぼせ、めまい、発汗、不眠、動悸や息切れ、肩こりや頭痛などがあげられます。

血管の拡張や収縮などが上手く調整できなくなることで、ほてりやのぼせといった症状が出たり、頭痛や肩こりなども起きやすくなります。

対策1:食べ物による対策

栄養バランスの良い食事が基本です。油分やアルコール、甘い物の取り過ぎに注意しましょう。食べ過ぎは避けて、ビタミンやミネラルをしっかり摂りましょう。

体のリズムを整えるためには、規則正しく食べることも大切です。大豆には女性ホルモンと似た働きのある大豆イソフラボンが含まれていますので、大豆や大豆製品を積極的に摂るようにしましょう。

対策2:生活習慣による対策

生活習慣も大切です。夜更かしは避け、規則正しい生活を心掛けましょう。ストレスはよくありませんので、適度に発散して溜めないようにしましょう。

睡眠をしっかりとることも大切ですが、更年期障害の症状に不眠があるように、眠りの質に問題が出てくる方も多いです。しっかりと眠れるようにするためには、眠れるようなリズムを作ることも大切です。

そのために活用すると良いのが入浴です。シャワーで済ませるのではなく、湯船にゆっくり浸かってリラックスし、副交感神経を優位にしましょう。

快眠を得るためには、アルコールの飲み過ぎや寝る直前の食事、カフェインを摂るといったことは避けましょう。栄養ドリンクのなかにはカフェインがたっぷり入っているものもありますので、栄養ドリンクなどを寝る前に飲まれる方は中身を確認して選ぶようにしましょう。

寝る時間にあわせて照明を暗くしていったり、好きな音楽やアロマなどを楽しむのも効果的
です。テレビを見たり、パソコンを触ったりしていると交感神経が優位になって寝付きにくくなるので就寝前は避けましょう。

対策3:運動による対策

適度な運動は自律神経の働きを高めてくれます。運動そのものは交感神経を優位にしますので、寝る直前ではなく、夕方など早い時間に行うようにしましょう。

体を動かすと筋肉がほぐれて血行がよくなります。深部の筋肉を鍛えることで内臓の働きもよくなり、副交感神経の働きを高めることができます。

適度に汗をかくことを習慣づけると体温調整機能もよくなります。無理をするのもよくありませんので、激しい運動をする必要はありません。ウォーキングなど適度な運動を継続して行うようにしましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ