更年期のつらい冷えは要注意!隠れた病気と更年期障害の悪化要因に!

冷え症に悩んでいる女性は多く、冬が近づくとたくさんの冷え対策グッズを目にします。一般的に、若いときから冷えに悩まされていた人ほど更年期に症状がひどくなります。

しかし、それまで冷え知らずだったという人も、冷えを感じることもあります。更年期の冷えの特徴として「冷えのぼせ」があります。今回は更年期の冷えの原因と改善法を紹介します。

女性に冷え症が多いのはなぜ?代謝と筋肉量

成人女性の二人に一人が冷えに悩んでいるといいます。手足が冷たくて靴下を履かないと眠れないなどの自覚症状はもとより、冷えは月経痛や頭痛、肩こりなどを引き起こす原因ともなります。

冷え症の原因は?

冷えとは体の体温調節機能が乱れた状態です。体温調節は自律神経が担っています。寒いときは毛細血管を収縮させて熱を逃がさないようにしたり、暑い時は汗をかいて熱を放出します。冷え症の主な原因は自律神経の乱れによるものです。

女性に冷え性が多い理由

男性に比べて冷え症の人は圧倒的に女性に多く見られます。その大きな原因は体の構造にあります。

    <冷え症になりやすい女性の体>

  • 男性に比べて筋肉量が少ない
  • 男性に比べて脂肪が多い
  • 月経、子宮、卵巣がある
  • 自律神経が乱れやすい

筋肉は体の熱を作り出します。脂肪は一旦冷えてしまうとなかなか元に戻らない性質を持っています。子宮や卵巣という女性特有の臓器は血液が滞りやすく、月経時には一時的に血液が少なくなることも関係しています。

また、女性は月経時や更年期など女性ホルモンのバランスが不安定になり、自律神経の乱れを引き起こしがちであることも冷え症の原因です。

更年期に冷えがひどくなるのは?女性ホルモンと体の変化

女性に冷え症が多いことは周知の事実ですが、更年期になると症状がさらにひどくなります。それは女性ホルモンのバランスが大きく崩れることが起因しています。更年期の冷えの原因を詳しくみていきましょう。

エストロゲン減少による自律神経の乱れ

更年期になり女性ホルモンの分泌が減少することで、ホルモン分泌の司令塔である視床下部が混乱をおこします。それが近くにある自律神経に飛び火してバランスを崩してしまいます。

エストロゲン減少による代謝の低下

エストロゲンが減少することで代謝も落ちていきます。代謝が低下することによって基礎体温も下がり、冷えやすくなってしまうのです。

加齢による筋肉量の減少

女性は男性に比べて元から筋肉量が少ない上に、加齢に伴ってさらに筋肉量が少なくなります。筋肉は熱を作り出す元となるので、少なくなることでさらに冷えやすくなります。

冷えは万病の元!更年期障害の冷えの治療は?

冷えは放っておくと頭痛や肩こり、便秘や下痢、不眠、肌荒れなどの原因になります。また、膀胱炎や関節リウマチを引き起こしてしまうこともあります。セルフケアは大事ですが、あまりに症状が辛い時は医療機関を受診して、しっかりケアしましょう。

医療機関での冷え症治療

医療機関で更年期の冷え症を治療する場合には、いくつかの方法があります。

    <医療機関での治療>

  • 自律神経調整剤
  • ビタミンE剤の投与
  • ホルモン補充療法(HRT)
  • 漢方療法

病気が原因で冷えが起こることも

単なる冷えだと思っていたり、更年期症状だと放っておくと病気を見逃すことにもなります。病気が原因で冷えの症状が出ていることもあります。

    <冷えの原因となる病気>

  • 貧血
  • 低血圧
  • 心臓病
  • 甲状腺機能低下症
  • レイノー病

手足だけが冷たい!更年期障害の冷えのぼせ

冷え症が多い女性の中でも、比較的若い人は手足の冷えが強く、年齢が上がるにつれ腰など体の中心部に冷えを感じる人が多いようです。さらに、更年期障害としての冷えの特徴は、上半身はのぼせているのに手足だけ冷たいといった「冷えのぼせ」があります。

冷えのぼせは自律神経失調型の冷え

冷えのぼせとは、上半身はカーッと熱くのぼせやほてりを感じるのに、末端の手足だけは冷えている状態です。のぼせと冷えは反対の状態に思われますが、これは自律神経の失調による冷え症の症状です。

なぜ冷えのぼせが起こる?

冷え症が進むと体は本能的に手足など末端の温度を下げても頭部の温度が下がらないようにします。その結果頭部と末端の温度差が生じ、上半身、特に首から上はほてっているのに手足は冷えるといった「のぼせ」と「冷え」が混在した症状があらわれます。

更年期の冷えを改善!すぐできるセルフケア

冷えは放っておくと更年期障害を悪化させることもあります。生活の中で少し気をつけることで冷えを改善する方法を紹介します。

こまめな運動で血行を良くする

血行を良くするためにはこまめに体を動かすことが大切です。続けられる軽い運動はおすすめですが、日常生活の中でも歩く時間を増やしたり、階段を使うなど、なるべく体を動かしましょう。

効果的な入浴と足湯で冷えを改善

入浴はぬるめの温度でゆっくり半身浴をしましょう。時間のないときや日中冷えがつらいときは、服を着たままできる足湯や手浴もおすすめです。

衣類はゆったりが基本

体を締め付ける洋服は血行を悪くします。下着や衣類はほどよくフィットしたものを選びましょう。かかとの高い靴も血行を悪くします。

体を温める野菜で冷えを改善

ビタミンEや鉄分を多く含む野菜を積極的に摂りましょう。これらは不足すると血行が悪くなります。また、体を冷やす果物や生野菜は控えましょう。生姜は血行促進に効果の高い食材ですが、胃腸の弱い人は風味付け程度にしましょう。

まとめ

更年期になって冷え性がひどくなった女性は多く、冷えが原因で頭痛や肩こり、便秘や下痢などの更年期障害が悪化することもあります。冷え自体は病気ではありませんが、膀胱炎や関節リウマチを引き起こしてしまうこともあるので、更年期女性はしっかり冷え対策をしましょう。

単なる冷えだと放っておくと思わぬ病気が隠れていることがあるので、症状がひどい場合は医療機関を受診しましょう。更年期障害の治療によって軽減させることもありますし、ビタミン剤や漢方薬治療も有効です。

更年期に多い冷えのぼせも冷え症のひとつで自律神経が大きく関係しています。冷えはあらゆる病気の元となります。病気のリスクが高まる更年期以降を見据えてしっかりケアしましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ