更年期障害は辛いのですが効果的な対策は?ストレスケアと栄養補給

更年期障害とは更年期の女性に主に起こる症状なのですが、ホルモンのバランスの崩れから発症し、体の変化がついていけないことなどから体調不良となってしまいます。実際になるまではわかりにくいのですが、なってしまうととても辛く、酷いと日常生活にも大きく影響を及ぼしてしまうので軽くする為の何か対策があるといいですよね。

周りを見ているとその更年期障害の症状が強く出ている人とどちらかというと控えめに見える人がいるのはなぜでしょうか?きっと何か症状を軽くしたり、抑えたりする対策がありそうです。気になるので更年期障害の対策について調べて見ました。

なぜ更年期障害が起きるのか?エストロゲンの減少

更年期障害は40代から50代にかけての主に女性が悩んでいる病気ではあるのですが、その症状はそもそもなぜ起きるのでしょうか?

更年期障害の原因?

更年期障害が起きる原因は女性の体の仕組みと関係が深く閉経の時期と深く結びついています。それは閉経による卵巣の機能低下が原因となるからなのです。

卵巣の機能が低下すると?

卵巣の機能が低下すると人間の体にとって何が起きるかというと卵巣から分泌されていた女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が著しく減少してしまうのです。

エストロゲンが減少すると?

エストロゲンが減少すると実は脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼすようになってしまうのです。この為自律神経が乱れ更には現代社会にさらされることでのストレスや精神的な不調などが合わさって様々な更年期障害の症状が出てしまうのです。

更年期障害の主な症状は?次の3つに整理されます

更年期障害の症状とは主にどのようなものなのでしょうか?代表的なものとして次の3つに整理をして見ましたので確認してください。

自律神経失調症

更年期障害の代表的な症状として閉経した女性の40%~80%近くの女性が発症すると言われ、顔の火照りやのぼせと言った症状が現れ別名ホットフラッシュとして有名なのです。

この症状は発症してから通常1年以上数年間続く事が多いのです。しかし基本的には治療を要するほどのことは少ないのです。

精神症状

この症状は初期症状としてはうつ病ととても似ている事があり、診断には注意が必要となります。状態としてはイライラする事も多くなるので日常生活に影響を及ぼす事が多くなるのです。

その他の症状

実は更年期障害になるとその他の症状としては肩こりなども多く見られるようなのです。知らないと別なものと思ってしまいがちなので理解しておいた方が良さそうです。

更年期障害の対策として必要な事?ストレスを減らす事

更年期障害はホルモンのバランスの崩れから起きているのです。対策として重要なことはストレスをなくす事が必要となります。

減らすべきストレスは?

減らすべきストレスは心理的なストレス、体の歪みからくる身体的ストレス、そして栄養の過不足などからくるストレスや化学物質の影響でのストレスなどが該当します。

更年期障害の対策は?食生活や生活習慣の改善

更年期障害が辛くてしょうがないような時は我慢をせずに婦人科などの病院に行く事が1番ではあるのですが、症状などを自分でも軽減できる対策などを覚えておくと安心できるので整理してみました。

更年期障害に効く食事

更年期障害の対策としては日頃できる事として食生活が挙げられるのです。食事で意識する事は減少してしまったエストロゲンと似たような作用のある栄養素をいかに取り入れられるかが鍵になってきます。

エストロゲンと似たような作用を発揮する食材としては大豆イソフラボンが有名で豆腐や納豆などの大豆食品を毎日とる事を心がけるとホルモンバランスが整えやすいと言えるのです。

そしてエストロゲンが減少すると体の中では骨密度の低下も進みますので牛乳やチーズ、ヨーグルトなどでもカルシウムの補充を意識的にしてあげる事が骨粗鬆症防止に役立つのです。

精神的な安定の為には?

更年期障害になるとどうしても精神的に不安定となりイライラしやすくなるため、これに対しては心身をリラックスさせる対策をする事が必要なのです。

    <リラックス効果のある対策>

  • ぬるめのお風呂でゆっくり半身浴を行う
  • 香りのあるエッセンシャルオイルを入れて入浴をする
  • 軽めの有酸素運動としてウォーキング
  • 朝起きたら朝日を浴びる習慣をつくる
  • やりたいと思っていた趣味や習い事をしてみる
  • 贅沢気分でマッサージをうけてみる

更年期障害の対策としては自分に対して自分で磨きの時間やゆったりとした時間をとる事が効果的な事と言えるので生活習慣の改善が必要なのです。

更年期障害の治療としては?サプリや漢方薬

更年期障害の対策としては家庭でできる改善の他に薬などでの対策などがあります。今回は簡単にできるサプリや漢方薬などを紹介していきます。

更年期障害対策としてのサプリは?

更年期障害と一口に言っても症状は様々なのでその症状にあったサプリを飲む事が必要となります。まずお勧めなのは大豆イソフラボンがたっぷり入っているキッコーマン基本のサプリ、そして女性ホルモンの減少を穏やかにする効果がある高麗美人、サポニンの吸収にいいのが白井田七などです。

その他にもエクオール+ラクトビオン酸や馬プラセンタTP200next、マカのサプリ、アサヒのローヤルゼリーなどもお勧めです。

お勧めの漢方薬は?

更年期障害にお勧めの漢方薬としては次のようなものがお勧めとなります。

    <お勧めの漢方薬>

  • 加味逍遙酸
  • 温経湯
  • 五積散
  • 桂枝茯苓丸
  • 温清飲
  • 当帰芍薬散

まとめ

更年期障害は40代後半くらいになるとほぼ殆どの女性が直面する非常に辛い病気の一つです。その原因は女性特有の閉経に伴う卵巣機能の低下からエストロゲンという女性ホルモンの分泌が著しく減少する為にホルモンバランスが乱れてしまうことから発症してしまいます。

発症するとホットフラッシュという顔の火照りやのぼせと言ったものが継続的に起きるようになり長い人だと数年間に渡ってその症状に苦しめられる人も存在します。出来ることならば避けたい症状ですが、覚悟をして出来る限りの対策を打っておく事が重要となるのです。

対策としては足りなくなったエストロゲンの代わりとなる栄養素の補給を中心にストレスケアが症状の軽減にはとても重要となります。そして更年期障害用のサプリや漢方薬を飲むことで体質改善を図ることも出来るので極力取り込むことをお勧めします。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ