更年期障害は男性にも起こる!原因と起きやすい症状は女性と同じ?

最近少しずつ知られてきましたが、女性と同じように男性にも更年期があります。生殖に適した時期を過ぎる頃に性ホルモンは減少し、男性も心身が大きく変化していきます。

女性にとっての閉経という、はっきりした体の変化がない男性更年期は、いつ頃から始まるのでしょう。その原因と特徴、緩和法や治療法を紹介します。

男性の更年期はいつから?すべての人がなる?

女性の場合、閉経をはさんだ前後10年間を更年期といいます。平均閉経年齢は50歳前後なので、一般的に45歳~55歳です。女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することによって、心身にさまざまな不調が起こります。

男性の更年期は幅広い

女性の場合は閉経というはっきりとした区切りがあり、それ以降卵巣の機能は停止し、エストロゲンが分泌されなくなります。そのため、生殖可能な性成熟期が終わる頃から閉経までの短い期間でホルモンバランスの著しい変化が起きます。

対して男性の場合は、性機能の衰え方が緩やかで、女性ほど症状がひどくないことが多く、また更年期の年齢も40歳~64歳くらいまでと幅広いのが特徴です。

生殖機能が終わる年齢も個人差がかなり大きく、40代で更年期障害になる人もいれば、70歳近くになってもまったく症状の出ない人もいます。

男性の更年期の原因は?テストステロンとは?

女性の更年期障害の主原因は女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することですが、男性の場合もやはり性ホルモンの減少が原因です。

男性ホルモンのテストステロンとは?

テストステロンとは男性ホルモンのひとつで、その中でも特に男らしさに関係しているホルモンです。男性は精巣で作られます。女性も男性よりは少ない量ですが、卵巣や副腎などで作られます。

テストステロンが減少すると?

テストステロンは骨の形成や筋肉の増強、性欲の亢進などの作用があります。男性が第2次性徴期にがっしりとした男らしい体格になるのはそのためです。

テストステロンは一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1~2%の割合で減少します。減少の割合が緩やかなため、更年期の症状にはかなり個人差がありますが、強いストレスにさらされるとテストステロンの産生も減少します。

テストステロンが減少すると、意欲や集中力、積極性が、性欲が衰えたり、筋肉量が減り骨ももろくなります。

男性の更年期の特徴は?女性とどう違うの?

女性の場合はホットフラッシュや動悸、めまいなど身体症状も多くあらわれますが、男性の更年期障害は女性ほど身体的な症状が表面に出ずに、精神的な不調が主な症状です。

男性更年期の体の不調

体力がなくなって無理がきかなくなったり、全身の倦怠感を感じます。女性ほどではないにしても関節痛、ほてりや発汗、寝汗といった症状が起こることもあります。

精神的な不調

自信喪失や不安感、不眠や孤独感などうつ症状が多くみられるのが男性更年期の特徴といえます。イライラや憂うつになったり、パニック状態になることもあります。

性的な変化

性交の欲求が起きない、セックスが楽しくないなど性欲の減退や勃起障害、勃起硬度の減弱や持続時間が短くなります。

男性更年期の特徴

女性の場合、急激なエストロゲンの減少による体の変調から精神面へと進行するのに対し、男性の場合はうつなどの精神面の不調から身体面へと進んでいきます。

気分の落ち込みや不安感は性欲の減退などの症状を同時に引き起こし、さらに自信喪失や憂うつ感を深め、悪循環となっていきます。

男性の更年期は診断が難しい?うつとLOT症候群

男性の更年期の原因は、男性ホルモンのテストステロンの減少ですが、現れる症状はうつの症状が目立ちます。男性の更年期の自殺率は女性の3倍といわれています。パートナーに以下の様子がみられたときは要注意です。

    <うつが疑われる症状>

  • あまり眠れていないようだ
  • 朝から憂うつそうな顔をしている
  • 身だしなみを気にしなくなった
  • 涙ぐむことがある
  • 仕事でかなり悩んでいる様子だ
  • 性欲、食欲が落ちた
  • 死にたいと口にする

うつ病の治療が逆効果になることも

うつ病の治療薬の中には、テストステロンの数値を下げてしまうものもあります。精神科や心療内科で治療をしても効果が得られない場合は更年期障害を疑ってみましょう。

更年期の診断は?

テストステロンの分泌に異常がなければうつ病の可能性があります。テストステロンの減少が軽微なときは更年期障害、減少が顕著で重症な場合はLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)と分類されますが、訴える症状はほぼ同じです。

男性の更年期治療は?ホルモン補充療法がある?

男性の更年期も女性と同じように性ホルモンの減少が原因ですが、男性にはなりやすい人とそうでない人がいます。几帳面で生真面目な人や完璧主義者な人はなりやすいとも言われますが、生活習慣が大いに影響を与えます。

男性更年期障害は生活習慣病!?

加齢に加えて職場でのストレスや長時間勤務、夜更かしや睡眠不足が更年期の症状を引き起こし、さらに悪化させる要因です。偏食や運動不足も影響します。

男性の更年期外来を受診しましょう

男性の更年期を総合的に診察する男性更年期外来も増えています。近くにない場合は症状にあった診療科を受診しましょう。

    <症状別診療科の目安>

  • 疲労感、頭痛、動悸など-内科
  • 性機能低下-泌尿器科
  • 精神的な不調-心療内科、精神神経科

男性更年期とホルモン補充療法

基準値以下にテストステロンの数値が下がっていたら、男性ホルモン補充療法を受けることも効果が期待できます。通常、保険適用でそれほど費用はかかりません。

まとめ

女性だけなく、男性も更年期があります。男性ホルモンのテストステロンが減少することが原因で起こりますが、緩やかに減少していくので症状が出る年齢にはかなり個人差があります。

男性の更年期症状は、イライラや憂うつ感、孤独感、自信喪失、不安や恐れといったうつ症状が多く見られるのが特徴です。また、女性とは反対に、精神的な症状から始まり体の不調へと移っていくことが多いのも特徴のひとつです。

テストステロンの減少の一番の原因は加齢ですが、ストレスや偏食、生活習慣の乱れにも大きく影響されます。生活習慣病の予防が更年期症状の緩和にもつながります。症状がひどい場合はホルモン補充療法でテストステロンを補う方法もあります。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ