更年期障害はいつから始まるの?若い人にも起こる可能性あり!

更年期障害は、多くの女性が悩み、そして乗り越えていかなければいけない病気です。

でもそもそも更年期障害はなぜ起こるのか?いつ頃から症状が出るのか?対処法は?など、分からない事も多いと思います。

今回はそんな更年期障害の原因、対策について調べてみました。


早い人もいる?更年期障害が始まる時期とは

更年期障害と聞いて「まだまだ私には縁遠い話」と思っている方も多いのではないでしょうか。更年期障害の症状に悩まされている人にしてみれば「早いうちから来るよ」という人もいるかもしれません。

更年期障害の症状が出始めるのは「閉経前後の10年間」と言われています。閉経の平均的な年齢は50歳ですので、45~55歳の間に更年期障害の症状が出るというのが一般的です。

ですが最近は「若年性更年期障害」という怖い言葉もあり、20代から30代でも起こりうる病気なのです。

更年期障害、症状はどういったもの?

更年期障害と聞いても、何だかイライラしたり汗をかいたりすることでしょう?と詳しい事が分からない人が多いと思います。

更年期障害とは「女性ホルモンの分泌の減少」が原因で起こる病気です。閉経が近づくことにより、卵巣機能が衰えます。

そして更年期の時期に、女性ホルモンの一つであるエストロゲンという成分が急激に減少し、体の中のホルモンバランスが乱れます

そうなると自律神経も乱れます。自律神経とは自分の意思とは関係なく動いている神経の事で、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調節するために働いています。

その自律神経が乱れる事により、ほてりや冷え性、イライラ、重だるさ、頭痛、動悸、めまいなど様々な症状が起こります。

何が原因?若年性更年期障害になる人とは

若い頃から症状が出る若年性更年期障害は、通常の更年期障害で起こる女性ホルモンの減少が原因ではなく、「自律神経の乱れ」が原因とされています。

多くはストレスによる生理不順や過度なダイエットなどによる栄養失調や代謝低下などで自律神経が乱れ、症状が現れます。症状が深刻な場合は他の病気も考えられますので、病院で検査してもらう事が重要です。

更年期障害は、人によって重かったり軽かったりと症状が違います。一番の対策は「ストレスを溜めないこと」です。更年期障害になってしまっても、終わりはあります。然るべき対応、治療をして、焦らず上手く付き合っていきましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ