更年期障害はいつから始まるのが体にとっていいのか?

女性の殆どが通る道である更年期障害。期間は閉経を迎える時期の前後5年間を更年期と呼びます。

多くは45歳から55歳頃にこの症状を感じます。閉経の平均年齢は50歳というデータがありますが、早くは30代から始まる人もいます。

この時期の女性の身体は大きな変化を迎えています。卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモン(エストロゲン)は急激に作られなくなっていくのです。

ホルモン分泌のバランスが崩れ、身体や気持ちに起こる不安定な症状を更年期障害と言います。


早い更年期が心配

40歳未満で閉経してしまう場合は「早期閉経」とされます。原因はストレス、過度のダイエット、生活習慣の乱れが引き起こすと考えられます。

他にも若年性更年期障害として、20代でも生理不順や更年期のような心身の不快を感じる人もいます。

ごくまれに閉経してしまうケースもありますが、たいがいの女性は卵巣機能が健康を取り戻すと共に再び生理が来ます。いずれにしても、「おかしいな?」と思ったらほったらかしにせず婦人科を受診しましょう。

遅い更年期ってあるの?

閉経の遅い場合は「遅発閉経」と呼ばれます。60歳で閉経する人もいますが、一般的には55歳過ぎて閉経していない場合には一度婦人科の受診を受けるのが適切でしょう。

よく、早い閉経は更年期障害が重く、遅い閉経は軽いとの説もありますが良いことだけでもありません。遅い閉経は乳がん発症のリスクが高まると言われます。

また更年期障害が長引くことはストレスもかかりますのである程度の時期も意識しましょう。

更年期障害の時期とさまざまな症状

ひとの身体はそれぞ違うので、更年期障害の期間や症状には大きな幅があります。

更年期障害の症状は代表的な「のぼせ、うつ」だけではありません。本格的な更年期障害未満の初期症状に「指の関節痛」があります。

40代の女性で「自分はリウマチでは?」と疑って受診する人はとても多いそうです。単なる体調不良だと思っていたけれど年数を経てから、あの時が更年期障害の始まりだった・・と振り返るほどホルモンの減少は影響が大きいのです。

40代になれば生理はあっても、意識して大豆製品を食べたり心をときめかせることをして、女性ホルモンを少しでも活発にする努力が大事です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ