更年期障害はいつから始まるの?具体的な年齢と症状は・・・

女性であれば誰もが経験する更年期。女性の一生の中でも大切な節目となるこの時期は、いったいいつ頃から始まるものなのでしょうか?

何歳くらいから気をつたほうがいいのか、具体的にはどんな症状が始まるのか、正しい知識をもってこの時期をうまく乗り切りましょう。

更年期の始まる平均年齢は?

更年期が始まるのは閉経してからと思っている人も多いようですが、更年期はだいたい閉経の前後10年間くらいの時期とされているので、閉経よりも早く更年期を迎えるということになります。

日本人女性の平均的な閉経の年齢は50歳頃ですので、だいたい45歳くらいからが更年期の始まりと思っていいようです。40歳を過ぎても出産する女性がいることを思えば、意外に早いという印象ですね。

もちろんこの時期には個人差があり、もっと遅く更年期を迎える人もいれば、40代前半で更年期が始まる人もいます。

更年期障害の始まりとは?

では、更年期障害の始まりとは具体的にどのような状態をいうのでしょうか?

女性の卵巣からは、エストロゲンという女性ホルモンが分泌されています。エストロゲンは女性らしい体をつくったり、子宮内膜を厚くして妊娠に備えるなどの役割があります。閉経の時期が近くなってくると、このエストロゲンの分泌が急激に減少します。

今までと同じようにホルモンが分泌されないので、女性の体や心は様々な影響を受けるのです。エストロゲンの分泌が衰えはじめるこの時期が、更年期障害のはじまりといえるでしょう。

こんな症状がでたら、更年期障害を疑って

更年期障害が始まると、具体的にはどんな症状が出るのでしょうか。よく知られている症状としては、めまいや動悸、上半身ののぼせ(ホットフラッシュ)などがありますが、それほどはっきりとした症状があらわれない場合もあります。

理由もないのに毎日体が怠い、良く眠れない、物覚えが悪くなるなどの症状は更年期障害の症状としてよくみられるものです。エストロゲンは体だけでなく心にも影響を与えているので、気分が落ち込む、やる気が出ないといった症状が現れることもあります。

いずれにしろ更年期を迎える年齢になったら体や心の不調に気を配り、更年期障害のサインを見逃さないことが、この時期をうまく乗り切るためには大切です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ