こんな対策も有効!更年期障害乗り越えるための7つの方法!

年単位で続く更年期障害のつらい症状。日によって症状が異なったり、前触れもなくやってくる症状に悩まされたりします。できることなら改善したいものですが、更年期は女性であれば避けて通れない道です。更年期障害の症状を軽くする対策はないのでしょうか?

更年期は生理現象だからと諦めたり我慢したりする必要はありません。症状を軽くする対策法は存在します。これから紹介する方法を取り入れ、更年期を乗り切りましょう。

まずはできることから!生活を見直してみよう!

ホルモンバランスの異常からくる更年期障害

更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因で起こります。40代になってから女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は徐々に減少していきます。それに伴って自律神経系や恒常性維持機能に異常が生じてきます。これが更年期障害の症状となって現れてくるのです。

自律神経系を整えるために、まずは現在の生活を見直しましょう。

早寝早起き朝ごはん

お子様をお持ちの方でしたら必ず耳にしたことのある言葉が「早寝早起き朝ごはん」です。これは本来子供の成長発達のための必須条件として掲げられた言葉です。

ですが、更年期障害に対しても有効なのです。規則正しい睡眠と食事は、自律神経を安定させ、恒常性機能の向上にも有益です。更年期の女性は公私ともに多忙なため生活が乱れがちになります。まずは規則正しいリズムの生活を心がけてください。

やりすぎなくても十分!運動習慣をつけよう!

週に何度かの簡単な運動を行うことで、血液循環やリンパ循環などの改善を行うことができます。これにより動悸やホットフラッシュなどの循環系の症状を軽減することができます。

張り切らなくても十分

運動と聞くとつい尻込みしてしまうものです。ですが、そこまで張り切る必要はありません。週に2回程度、合計で1時間ほどの運動を習慣にしてみましょう。運動と言っても、ランニングやジムなどの本格的な運動でなくてもよいのです。手足などの抹消を動かす軽い運動で十分です。

  • 通勤や買い物を徒歩や自転車にする
  • エレベーターやエスカレーターではなくできる範囲で階段を使用する
  • 徒歩10分以内の移動は車を使用しない
  • 全身のストレッチ

続けることが大切

いかがですか?この程度でしたら生活の一部として取り入れるのも苦ではありませんよね。辛くない程度で十分ですので、細く長く続けることが重要です。

植物性の女性ホルモン!イソフラボンをとろう!

イソフラボンとエストロゲンの関係

女性なら一度は手に取ったことがあるのがイソフラボン関連商品です。イソフラボンとはポリフェノールの一種で、体内で女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。

イソフラボンと女性ホルモンであるエストロゲンの構造は非常によく似ているため、更年期になり不足してくるエストロゲンを補ってくれるのです。

イソフラボンを摂取するには

イソフラボンの豊富な食品として知られているのが豆類、特に大豆です。大豆にはイソフラボン以外の栄養素も豊富ですから積極的に摂取するよう心がけてください。日本には大豆製品が多くありますから、飽きずにイソフラボンを摂取できます。

刺激物はほどほどに!自律神経の乱れを防ぐ!

アルコールや香辛料、カフェインにたばこ。ストレス解消の手段として手放せない方も少なくないことでしょう。ですが、これらの刺激物は交感神経の働きを優位にし、更年期障害に見られる症状を悪化させてしまいます。

完全に断たなくても大丈夫

刺激物を完全に断つことはメリットだけでなくデメリットもあります。それは我慢に対するストレスです。ホルモンバランスや自律神経系はストレスの影響をとても大きく受けますから、ほどほどに気にするくらいから始めるくらいで十分です。

専門家を頼ろう!婦人科での治療も可能!

自分でできることを行っても症状の改善が見られない場合、婦人科を受診することも視野に入れてください。更年期障害は女性ホルモンの異常が原因ですから、婦人科での治療が可能なのです。婦人科で行われる治療法について紹介します。

ホルモン療法

ホルモン療法とは、簡単に言うと「不足する女性ホルモンを体内に補充する」治療法です。ホルモン剤を服用することで女性ホルモンの量を増やし、症状の改善を図ります。イソフラボンの摂取と原理は同じですが、女性ホルモン自体を体内に取り込むため、より高い効果が望めます。

漢方薬

ホルモン剤には当然副作用もありますから、体質的に使用が難しい人も存在します。そんなときのセカンドチョイスとして漢方薬があります。民間の漢方薬局でも処方は可能ですが、費用の面から考えると婦人科で保険適用で処方してもらうのがおすすめです。

一番大切なこと!それはストレス対策!

休みたくても休めない

更年期にある女性は公私ともに非常に多忙な時期にあります。心身への負担も大きい時期ですから、当然ストレスがかかります。そしてストレス解消を行いたくても行えないのが更年期なのです。仕事や家族などの問題を優先せざるを得ず、自分のケアが後回しになりがちになってしまうのです。

1日5分でもいい

1日5分間だけでも良いので、役割から解放された「ただの自分」のための時間を作ってあげてください。その時間はあなただけのために使い、気分転換やリラックスすることを第一優先に考えます。

更年期障害の対策は多種多様!でも一番は環境!

これまで紹介してきたとおり、更年期障害には様々な対策が存在しています。あなたにピッタリの治療法を見つけるのも難しいことではありません。

なかでも一番重要なのが生活環境です。ストレスの多い生活はそれだけでもホルモンバランスや神経の乱れにつながります。

たった5分であっても、「自分を一番にする時間」は非常に大切です。ストレスを上手く逃がしてあげることが更年期障害への一番の対策と言えるのです。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ