更年期不障害による不眠のメカニズム!!不眠タイプと正しい対策

更年期障害を引き起こした人の中には不眠症を同時に患う人がいます。

睡眠には知らない人も多いのですが、ホルモンのバランスが非常に強く関係しています。

その為、ホルモンバランスの乱れにより発症する更年期障害の人は不眠になりやすいのです。

そのメカニズムと更年期不眠の対策について紹介していきましょう。


更年期不眠のメカニズムとは!

睡眠を取る為のホルモンにエストロゲンとプロゲステロンがあります。本来は美容や妊娠機能を司るホルモンですが、このホルモンのバランスは睡眠作用を促すホルモンでもあります。

更年期障害は閉経によるエストロゲンの分泌が正常に働かなくなってしまいホルモンバランスが乱れる事により引き起こされます。その結果、睡眠のリズムも崩れてしまい、睡眠障害を発症するとされます。

更年期不眠の主な症状は!

更年期障害による不眠の症状は様々な物があります。・入眠障害~中々寝付けず布団に入っても眠る事が出来ない症状・中途覚醒~寝付けたとしても途中で目が覚めてしまいその後寝付けない・早期覚醒~寝れたとしても睡眠時間が充分でない状態で目が覚めてしまう症状・熟眠障害~寝ている時間に対して睡眠の質が悪く疲労が取れない主な症状としてはこの4つですが、更年期の場合は頻尿になってしまったり、ホットフラッシュによるのぼせや火照りによって眠りを妨げられる事も多く症状のひどい人はまともな睡眠を取れない程辛い日々を過ごす人もいます。

更年期不眠の正しい対策

更年期障害による不眠症は様々な体調不良や精神不良も重なり、日々の仕事にも支障が出てしまいます。更年期障害による対策として有効的とされているのが寝る前には身体を冷やさない様にする事です。

更年期の場合はホットフラッシュで顔や身体は熱くなるのに手足等は冷えてしまう症状があります。その為、身体が中々睡眠に入る準備をする事が出来ないという事があります。

なので寝る前には手足を冷やさない様にする事が重要です。他にも有効的なのは漢方やサプリメントを使用する事です。睡眠障害に有効な栄養素を多く含み、身体の内側から寝やすい身体を作る事に効果があります。

身体を冷やさない事。そして寝付きやすい栄養を摂取する事を心がける事が重要です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ