更年期は誰でも自律神経失調症になるの?ストレス解消が決めて!

更年期障害の一つの症状として、自律神経失調症を発症する方は多くいます。

この自律神経失調症とは交感神経と副交感神経の二つのバランスが崩れることによっておこる自律神経の乱れが、普段の生活でも支障となる様々な症状が起こします。

この自律神経失調症と更年期障害はどのような関係があるのでしょうか

自律神経と女性ホルモンの関係

女性は年齢を重ねることによって卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの分泌が少なくなっていきます。

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類がありこれが脳の視床下部の指令のもとに卵巣から分泌されます。

しかし卵巣の衰えからエストロゲンの分泌がが減少することによって、脳の視床下部が混乱を起こし、自律神経に乱れが生じることがあります。これが更年期になると自律神経に乱れが生じる原因です。

体の症状

症状は個人差も多くあり、一つだけでなく複数同時に症状が出る場合もあります。

身体に出る症状は、急な運動をしたわけではないのに動悸や息切れが起きたり、めまいや立ちくらみ、全身のほてりや手汗など様々な症状が現れます他には側頭部や後頭部の偏頭痛や圧迫感が出る人もいます。

また眼精疲労やドライアイといった目に症状が出てくる場合もあります。自律神経の乱れが生じた場合は血液の流れが悪くなるため、急に暑くなって大量の汗をかいたり、逆に急に手足の冷えを感じることは多くみられます。

心の症状

自律神経の乱れは心にも大きく影響します。症状はこれも様々ですが、感情が不安定になって普段穏やかな性格の人が、急にイライラして怒りっぽくなったりします。またちょっとした些細なことで普段は気にならなかったようなことでも、急に不安になりふさぎ込んでしまうこともあります。

悲観的に物をとらえるようになりネガティブな考えが目立ちます。また何もやる気が起きないといった無気力状態や何かを始めても集中できず、すぐに飽きてしまうなどの症状が出ることも多くあります。

症状の改善

婦人科で薬を処方してもらったり、漢方薬を服用することで症状の改善がみられることも多くあります。更年期障害により自律神経失調症は普段からストレスに弱いかったり、神経質だったり、悲観的に物を考える方が多く発症する傾向にあります。

そのような方の特徴としてストレス発散の趣味などを持っていないことが多くみられます。更年期に自律神経失調症にならないためにも、普段から何か楽しめる趣味やスポーツを見つけて、更年期障害に備えることも大切です。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ