更年期障害はいつまで続くの?うつとの違いと2つの克服方法は?

更年期障害になってしまったら、一体いつまで続くのだろうかと不安になりますよね。個人によって差があることは理解できますが、大体、どのくらいかと心配になってしまいます。

更年期障害は、程度の軽い人であれば1年程度、もしくは、気にも留めないような軽い症状の人もいます。

では、症状が重い場合にはどの程度が考えられるのでしょうか。


更年期の期間とはいつまで?

更年期障害の期間とは、一般的に45才~55才の間の女性ホルモンの分泌量が少なくなって閉経を迎える前後10年を指します。この時に、女性はホルモンバランスの乱れからイライラや不眠、ほてりなどの症状が体に起きます。

症状が重く、期間が長い人では、10年近く苦しんだという方もいます。苦しみや痛みは、個人の感じ方にも差があるので一定の基準はありませんが、つらいなと感じたらすぐに専門の病院へ受診することをおすすめします。

終了期間が難しい原因、うつとの違い

更年期障害の症状がうつと似ている場合があり、終了期間の判定が難しいことが挙げられます。

うつとは、脳内の物質セロトニンの不足から引き起こされる心の病気です。不安感や精神的な落ち込みとともに体にも影響が出てきます。不眠や食欲不振、全身の倦怠感などがあります。

これと同じような症状に更年期障害の症状があてはまります。どちらにもあてはまる、と考えられるようなら、婦人科か心療内科での検査をおすすめします。うつには、抗うつ薬があり、症状を軽くすることが可能です。

また、更年期障害でもホルモン補充療法や漢方薬などの治療法があり、我慢することなく苦しみや痛みを緩和できます。

更年期障害をどう克服するか

女性なら、程度の差はあっても、更年期障害は必ずやってきます。もしかして、長い期間を更年期障害と一緒に暮らして行かなければならないとしたら、早めに対処することが大切です。

まず、第一にバランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。カルシウムや鉄分が不足すると、イライラ、貧血を招くことがあります。また、ビタミン不足は疲れや肌荒れの原因にもなります。偏ることなく、栄養を考えた食事を取るようにしましょう。

第二に、軽めの運動をするようにしましょう。つらいと感じる運動ではなく、ゆったりと続けられる程度の運動習慣を身に付けましょう。ショッピングで歩くようにする、ストレッチをするなど体を動かす習慣があると、自律神経が整い、更年期障害を楽に乗り切れることもあります。また新陳代謝も良くなります。試してみましょう。

更年期障害がつらいあなたへ

40代女性のための更年期障害対策サプリメント『高麗美人』

「これってまさか、更年期障害?」
40代にありがちな毎日…こんな方におすすめです。家事や育児のストレスでぐったりの方に!朝がつらい、毎日イライラ!「これってまさか、更年期かも?」と少しでも思ったら、4年連続モンドセレクション金賞受賞!『高麗美人』で更年期を幸年期に!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ